メインメニューを開く

差分

修正。
 
== 概要 ==
山形県南部、[[米沢盆地]]北縁で[[吉野川 (山形県)|吉野川]]右岸の長岡丘陵上において、孤立丘の丘尾を切断して築造された大型前方後円墳である{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。大型古墳としては日本海側内陸部で最北に位置する{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}<ref group="注">前方後円墳(大型古墳に限らない)の日本海側内陸部最北は[[坊主窪古墳群]](山形県[[東村山郡]][[山辺町]]大寺)の坊主窪1号墳になる。</ref>。これまでに数次の調査が実施されている。
 
墳形は前方後円形で、前方部を南南西方に向ける<ref name="国指定"/>。墳丘は後円部が3段築成、前方部が1段築成で{{Sfn|稲荷森古墳(平凡社)|1990年}}、旧状を良好に遺存する。墳丘長は約96メートルを測り、山形県では最大、[[東北地方]]でも第6位の規模になる<ref group="注" name="規模"/>。墳丘表面で[[葺石]]・[[埴輪]]は検出されていないが、墳丘内部から[[土師器]]が出土している{{Sfn|稲荷森古墳(平凡社)|1990年}}。また周濠も存在していないが、墳丘の周囲一定範囲にテラス帯が認められている{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。主体部となる埋葬施設は未確認で明らかでないが、一説には石室を持たない[[木棺]]直葬と推測される<ref name="説明板"/>。
 
この稲荷森古墳では、年代観を正確にする埴輪等の資料が出土していないものの、墳形および出土土師器を基に[[4世紀]]末頃([[古墳時代]]前期)の築造と推定されている{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。本古墳の築造以前には[[米沢市]]域・[[川西町 (山形県)|川西町]]域・南陽市域の3地域で[[前方後方墳]]を主とする古墳([[天神森古墳]]・宝領塚古墳など)が営まれていたが、稲荷森古墳によってそれら3地域が統合された様相をすため、稲荷森古墳はそれらを統合した首長(置賜地方の王)により記念碑(象徴)的に築造されたものと考えられている{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。しかし稲荷森古墳に続く首長墓はなく、置賜地方の中心地は米沢市域に移ったとされる{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。そのほか、稲荷森古墳と大塚山古墳([[宮城県]][[名取市]])・念南寺古墳(宮城県[[色麻町]])・[[堂の森古墳]]([[福島県]][[浪江町]])などとの墳形の類似性を指摘する説や、稲荷森古墳の被葬者が[[東北地方]]最大の[[雷神山古墳]](宮城県名取市)の被葬者と同盟関係にあったとする説もある{{Sfn|山形県の歴史|1998年|pp=28-29}}。
 
古墳域は[[1980年]]([[昭和]]55年)に国の[[史跡]]に指定された<ref name="国指定"/>。その後現在までに、墳丘を基本的に維持したままで史跡整備がなされている{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。
 
== 規模・構造 ==
[[File:Inari-mori Kofun zenkei-2.JPG|thumb|250px|right|{{center|横からの全景<br />}}{{small|左に前方部、右に後円部。}}]]
古墳の規模は次の通り{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。
* 墳丘長:約96メートル
** 高さ:約5メートル
 
墳丘は、後円部に比べて前方部が低く短い「銚子式(銚子形)」という古相の形状を示す{{Sfn|稲荷森古墳(平凡社)|1990年}}。前方部は米沢盆地中央の方角を向く{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。後円部の3段のうち、1段目はかなり高くほぼ地山から成り、2段目・3段目は版築から成る{{Sfn|稲荷森古墳(平凡社)|1990年}}。
 
墳形に関しては、前方部が変形していることを基に、前方部の半分が意図的に築造されなかったという「前方部半型」説が提唱されている{{Sfn|稲荷森古墳(平凡社)|1990年}}{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。この説では、同時期の築造で東北地方最大規模の[[雷神山古墳]]([[宮城県]][[名取市]])の被葬者による古墳規制を受けたとする{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。しかし半型とするには批判的な説もあり、検証の必要が指摘される{{Sfn|佐藤鎮雄|2004年}}。
<gallery>
File:Inari-mori Kofun zenkei-2.JPG|横からの全景<br />{{small|左に前方部、右に後円部。}}
File:Inari-mori Kofun kouen-bu.JPG|後円部<br />{{small|2・3段目に比べ1段目は高く築造される。}}
File:Inari-mori Kofun funchou.JPG|後円部墳頂<br />{{small|中央は方位盤。}}
25,895

回編集