「45度線分析」の版間の差分

編集の要約なし
(カテゴリ改名による作業)
 
この総需要曲線と45度線の交点で国民所得が決定されるのである。なお、このケインジアンモデルは短期のモデルであり、物価は定数であるとされている。すなわち、企業は需給ギャップに対して価格調整でなく数量調整を行う。この前提のもとでは、45度線と総需要曲線の交点の左側では総需要が生産量を上回っているため、企業はより多くの財を生産する。45度線と総需要曲線の交点の右側では、生産量が総需要を上回っており、企業は財の生産を減らそうとする<ref name = "Andrew 2001" />。そのため、このグラフで表される経済は常に45度線と総需要曲線の交点に向かって動く<ref name = "Andrew 2001" />。
 
==有効需要の原理==
この45度線分析の背景にあるのは「総需要が総供給および国民所得を決定する」という[[有効需要の原理]]である。有効需要とは、図 1における45度線と総需要曲線の交点における総需要である。この45度線と総需要曲線の交点を均衡点とよぶが、均衡点において次のことが成り立つ<ref name = "Mark_2008">{{cite book
|author=Mark Hayes
|title=The Economics of Keynes: A New Guide to the General Theory
|url={{Google books
|rKauSD15RtYC
|The Economics of Keynes: A New Guide to the General Theory
|page=74
|plainurl=yes}}
|year=2008
|publisher=Edward Elgar Publishing
|page=74}}</ref>。
:<math>Y^* \equiv D^* = D </math>
ただし、Y<sup>*</sup>は均衡国民所得、D<sup>*</sup>は有効需要、Dは総需要。均衡国民所得と有用需要は均衡点において恒等的に等しく、これは総需要と等しい。
 
このようなケインズモデルの分析において、総需要(および総需要曲線)は事前の(ex ante)支出のみによって構成されている<ref name = "Nattrass_Varma_2014">{{cite book
|author= Nicoli Nattrass and G. Visakh Varma
|title=Macroeconomics Simplified: Understanding Keynesian and Neoclassical Macroeconomic Systems
|url={{Google books
|EWmUBAAAQBAJ
|Macroeconomics Simplified: Understanding Keynesian and Neoclassical Macroeconomic Systems
|page=49
|plainurl=yes}}
|year=2014
|publisher=SAGE Publications India
|page=49}}</ref>。事前の(計画された)総需要は均衡達成後(あるいは事後の、ex post)の総需要とほぼ変わらない一方で、価格調整の働かない短期を前提にすれば、事前の総供給は実際に総需要と均衡するまでに数量の調整を行わなければならない<ref name = "Nattrass_Varma_2014" /><ref name = "Mark_2008" />。例えば、企業家たちは総需要が大きくなるという予測がたてば(利益最大化のために)それに応じて生産および在庫を増やすだろうし、逆に総需要が小さくなるという予測がたてば(損失最小化のために)それに応じて生産および在庫を減らすだろう。生産を増やすのであれば、その分だけ雇用が増大し、景気は上昇するし、生産を減らすのであれば、その分だけ雇用が減少し、景気は悪化する。すなわち、事前の(計画された)総供給は必ずしも総需要とは一致せず、総供給は総需要に応じて(短期においては)数量調整により決定されるというのが有効需要の原理であり、45度線分析はそれを端的に表している。
 
==参考文献==