メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
[[1950年]](昭和25年)日本西洋古典学会を[[呉茂一]]、[[高津春繁]]、[[村川堅太郎]]、[[松平千秋]]等と設立、呉の後任で委員長に就いた(第2代、[[1956年]](昭和31年)~[[1965年]](昭和40年))。他に関西哲学会会長も務めた。
 
戦後いち早くから著名な保守系論客としても活躍した。[[サンフランシスコ講和条約]]の際には、多くが多数講和に反対する中で、[[小泉信三]]らと共に支持し、[[1968年]](昭和43年)には保守系団体「[[日本文化会議]]」([[1994年]](平成6年)解散)の設立に参画、終身理事長をつとめた。
 
== 略歴 ==
 
== 受賞歴・叙勲歴 ==
*[[1972年]](昭和47年) - [[文化功労者]]
*[[1973年]](昭和48年) - [[勲等|勲二等]][[瑞宝章]]
*[[1978年]](昭和53年) - [[文化勲章]]
*[[1982年]](昭和57年) - 京都市[[名誉市民]]
*[[1985年]](昭和60年) - [[従三位]][[勲等|勲一等]]瑞宝章
 
== 作品 ==
 
== 参考文献 ==
*{{Cite book|和書
* {{Cite book|和書|author=西部邁|authorlink=西部邁|title=ニヒリズムを超えて|year=1997|publisher=角川春樹事務所|series=ハルキ文庫|isbn=9784894563629|pages=93-116|chapter=清浄な魂 田中美知太郎論}}
|author = 西部邁
* {{Cite book|和書|author=西部邁|title=ニヒリズムを超えて|year=1997|publisher=角川春樹事務所|series=ハルキ文庫|isbn=9784894563629|pages=157-169|chapter=『哲学談議とその逸脱』を読んで}}
|authorlink = 西部邁
* {{Cite book|和書|author=西部邁|title=学問|year=2004|publisher=講談社|isbn=4-06-212369-X|pages=345-347|chapter=107 田中美知太郎}}
|title = ニヒリズムを超えて
|year = 1997
|publisher = 角川春樹事務所
|series = ハルキ文庫
|isbn = 9784894563629
|pages = 93-116
|chapter = 清浄な魂 田中美知太郎論
}}
*{{Cite book|和書
|author = 西部邁
|title = ニヒリズムを超えて
|year = 1997
|publisher = 角川春樹事務所
|series = ハルキ文庫
|isbn = 9784894563629
|pages = 157-169
|chapter = 『哲学談議とその逸脱』を読んで
}}
*{{Cite book|和書
|author = 西部邁
|title = 学問
|year = 2004
|publisher = 講談社
|isbn = 4-06-212369-X
|pages = 345-347
|chapter = 107 田中美知太郎
}}
 
== 関連項目 ==
*[[波多野精一]]  - 
*[[呉茂一]] 
*[[村川堅太郎]]
*[[松平千秋]] 
*[[藤沢令夫]]  -  弟子
*[[柳沼重剛]]  -  弟子
*[[三木清]] 
*[[林達夫]]
*[[谷川徹三]] 
*[[福田恆存]]  -  友人
*[[小林秀雄 (批評家)|小林秀雄]]  -  互いに尊敬していた。追悼回想がある。
 
== 外部リンク ==
* [http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%BE%8E%E7%9F%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E/ 田中美知太郎] - [[Yahoo!百科事典]]
 
{{デフォルトソート:たなか みちたろう}}
匿名利用者