「あさが来た」の版間の差分

→‎あらすじ: 推敲と少しスリム化。あと、「凄みをきかされ」は違うと思う。
(rv 過剰で無駄な説明除去。ついでに日本語文法になってない)
(→‎あらすじ: 推敲と少しスリム化。あと、「凄みをきかされ」は違うと思う。)
[[1901年]]([[明治]]34年)、女性[[実業家]]・'''白岡あさ'''は、自身が創立した「日の出女子大学」の入学式での壇上で、女性に[[学問]]を推奨する祝辞を述べていた。
 
遡ること[[1861年]]([[文久]]元年)、[[京都府|京都]]随一の商家・今井家の次女である11歳のあさは、お転婆で好奇心旺盛な少女であった。ある日、女ゆえに学問を許されないことや親同士で結婚を決められることに不満を持ったあさは、父に猛反発し押入れに閉じこもる。そんなあさに対して許婚の'''白岡新次郎'''は、ゆっくり考えた上で将来を決めるよう諭し彼女が興味を寄せていた[[そろばん]]を贈る。更に婚約の経緯を母から聞かされ、当初抱いていた新次郎への悪印象や不安な気持ちは次第に変化していく。やがて父からそろばんの手習いを許されその才能を発揮、いつしか店の番頭たちが目を見張るまでに上達していく。
 
時は流れ[[1865年]](慶応元年)、あさは15歳に成長するがお転婆ぶりしたあさは相変わらずお転婆で、両親や付き人たちを悩ませていた。あさと姉・'''はつ'''それぞれの[[結婚式|祝言]]を同年春に挙げることが決まる。しかし久々に面会に現れた許婚・'''眉山惣兵衛'''は冷淡で、義母となる'''菊'''からは凄みの冷淡な態度利かされ前に、はつは気丈に振る舞いながらも結婚への不安は更に増していく。一方、新次郎はあさを定期的に面会に訪れていた新次郎は、あさ恋文を送ったのを最後に連絡を断ってしまう恋文の返事を送るも音沙汰無くあさが不安を募らせていた頃、新次郎は重篤の兄に心痛めていた。祝言予定日の目前になって、新次郎と彼の父・'''正吉'''が今井家を訪れ兄の急逝を理由に祝言の延期を申し出る。こうしてはつの祝言から半年後、あさは白岡家に嫁入りするが、。しかし新次郎は道楽に興じて家に寄り付かず、更に女は家業・加野屋に関われないなど制約が多く、若女将生活になかなか馴染めない。しかし店の人々と次第に仲良くなり、内緒で経営について教えてもらえる。また店に貸付を強要した[[新選組]]に立ちはだかり返済の約束を交わしたあさは、その日より新次郎に大人の女性と認められ床を共にするようになる。新次郎の協力を得て加野屋の現状を知ったあさは、以前出会った武士・'''五代才助'''から聞いた「世の中が変わる」との言葉を気にして正吉に取り立てをすることを提案するが、長年の信用を理由に却下され経営を任せるようたしなめられる。更に詳しく調べて食い下がり、1件のみ取り立てを許されたあさは、相手の門前払いにも諦めず最終的に一部金ながらも回収に成功。功績を認められ、以後取り立てに出向くようになる。しかし倒幕を目論む新政府は加野屋に軍資金十万両貸付を要請、更に銀目停止が通達され困惑した人々が店に押しかける。それらの対処を終えた加野屋はいよいよ倒産廃業の危機となり、あさは借金を申し込みに奈良の豪商・玉利友信に借金申し込む訪ねる。当初玉利は貸付を渋ったものの、新たに事業を始めて返済すると約束したあさに将来性を見込み無利子で資金を貸す。一方はつは、菊に外出や外部との面会、手紙のやり取りを禁じられ、歯向かうと[[土蔵|蔵]]に閉じ込められる仕打ちを受けていた。やがて婚家の家業・山王寺屋も窮地に陥り、はつは菊に命じられ惣兵衛とともに実家に借金を申し込むが、返済の目処が無いことから断られる。
 
== 登場人物 ==
7,228

回編集