「畠山高政」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
大永7年(1527年)、[[畠山政国]]の嫡男として生まれる。
 
高政が若年の頃の畠山氏は、[[天文 (日本)|天文]]15年([[1546年]])に[[摂津国]]の[[舎利寺の戦い]]で、[[三好政長]]に勝利するなど[[細川氏綱]]を奉じて[[細川晴元]]に対抗していたが、河内国における実権はほぼ守護代の[[遊佐長教]]に握られている状態だった。しかし天文20年([[1551年]])に長教が暗殺されたのを契機として天文22年([[1553年]])に家督を継ぐ。
匿名利用者