「京阪1300系電車」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
*1311型 制御電動車(片運転台) - 2両(1311・1312)
*1600型 [[制御車]](片運転台) - 8両(1601 - 1608)
[[阪急電鉄|京阪神急行電鉄]]の一部となっていた京阪線は、戦災での車両喪失が旅客車は2両と少なかった。しかし、車両そのものは戦争の影響で満足な状態ではなく車両の更新や新造車両が必要な状況であった。[[1946年]]にはモーターを持たない[[京阪1000電車 (2代)#1500型・1200型の製造|1500型]]を製造(うち5両は戦時中に車体のみ完成していたもの)したが、電動車については統制経済のもとでは新造は戦災の激しい路線に優先して製造が割り当てられ、京阪線にはなかなか枠がめぐってこなかった。
 
そうした状況が一段落した1947年に、当時の運輸省が私鉄向けに定めた規格型電車の割り当てが受けられることになり、京阪神急行は50両を計画、その初年度25両のうち10両を京阪線用とした。これが1300系である(残る15両は[[阪急宝塚本線|宝塚線]]の[[阪急550形電車|550形]]となった)<ref>規格案にはサイズや扉配置等によってA'型・B'型・C'型の3種類があり、1300系はA'型、阪急550形はB'型に該当する。一部の文献(『京阪電車 車両の100年』([[ネコ・パブリッシング]]、2010年)など)では1300系をB'型としているが、誤りである。</ref>。
1,397

回編集