「ライラとマジュヌーン」の版間の差分

+tr
(+tr)
{{文学}}
「'''ライラとマジュヌーン'''('''Layla and Majnun''')」は[[中東]]の悲恋物語の[[古典]]
ライラという[[美女]]に恋い焦がれてマジュヌーン([[ジン]]に取り憑かれた人のこと、すなわち狂人)となった青年カイスの[[物語]]。数多くの[[詩人]]に詠まれ、[[ニザーミー]]作のものが特によく知られる。
 
また、「[[デレク・アンド・ドミノス]]」時代の[[エリック・クラプトン]]が発表した「'''いとしのレイラ'''('''Layla''')」はこの作品から着想したものと言われている。
 
[[Category:ペルシア文学|らいらとましゆぬん]]{{lit-stub}}
{{lit-stub}}
[[en:Layla and Majnun]]
[[tr:Leyla ile Mecnun]]