「恩地孝四郎」の版間の差分

m
m (→‎交友関係: 訂正)
 
=== 版画家としての出発 ===
1914年1月には恩地家に寄宿していた[[女子美術大学|女子美術学校]]の学生と婚約。同年3月、日比谷美術館で開催された[[木版画]]展で[[ワシリー・カンディンスキー]]ら[[ドイツ表現主義]]作家の抽象版画に深く共鳴し、この頃に版画の創作を始めたと思われる。春から夏にかけて田中・藤森とともに同人誌『月映(つくえ)』(私輯)を6輯まで発行し、9月には洛陽堂から自画自刻の木版画と詩歌の雑誌『月映(つくえ)』(公輯)が刊行。この頃から[[北原白秋]]や[[室生犀星]]や[[萩原朔太郎]]との交友がはじまり、月映は7輯に達した。恩地は16歳の時に三兄を、19歳の時に妹と次兄を亡くしているが、24歳だった1915年に親友の田中の死を経験し、生の苦悩や歓喜を表現した作品を多数生みだした。1915年には日本の近代絵画最初期の抽象作品と言われる『抒情』シリーズを発表し、1916年には2年の婚約期間を経て結婚。1917年には萩原の第一詩集『月に吠える』の装幀を担当した。1918年には[[山本鼎]]、[[織田一磨]]らの日本創作版画協会発起に協力し、1919年1月の展覧会開催に尽力した。1920年には初子となる恩地邦郎が誕生し、翌1921年には第2子が誕生。この時期には具象的な油彩作品も製作された。
 
=== 多様な展開 ===
134

回編集