「オールナイトニッポン」の版間の差分

m
== 歴史 ==
=== 番組黎明期・第1次黄金期(1967年 - 1972年) ===
前身となる番組はニッポン放送にて[[1959年]][[10月10日]]から放送していた『[[オールナイトジョッキー]]』(DJ:[[糸居五郎]])が当てはまとなる。子会社の「株式会社深夜放送」<ref>現・フジサンケイエージェンシー。現在は保険代理店とイベント関連のみで、制作事業からは手を引いている</ref>が制作していたこの番組は、糸居が選曲・ターンテーブルの操作といった通常はスタッフが行う作業を一人でこなすという[[ディスクジョッキー]]スタイルであり、それが局の省力化した番組を作れないかという思惑と合致していたことから、番組を発展させる形で『オールナイトニッポン』は放送を開始した。
 
また、放送開始の背景として1960年代半ばの不況と、1964年の[[前東京オリンピック|東京オリンピック]]によるテレビの躍進により広告収入が激減し、ラジオ業界にとっては新しいリスナーの層と広告主(スポンサー)の開拓を迫られていた([[ラジオ離れ#1960年代]]も参照)事がある。その状況に対し、ニッポン放送は1964年4月より「[[ニッポン放送#オーディエンス・セグメンテーション|オーディエンス・セグメンテーション]]」編成を導入し編成方針を抜本的に見直していたが、その動きが深夜に波及したことも影響している。
 
放送が開始された[[1960年代]]後半というのは、いわゆる[[団塊の世代]]が大学生生活を送っていた時代であり、『オールナイトニッポン』はそのような大学生、また受験勉強に明け暮れている高校生・中学生([[しらけ世代]])にターゲットを絞り、それまでテレビやラジオで流れることはほとんどなかった[[ビートルズ]]や[[レッド・ツェッペリン]]、[[ジミ・ヘンドリックス]]など海外の[[ロック (音楽)|ロック]]ミュージックから[[ザ・フォーク・クルセダーズ]]など日本の[[フォークソング]]まで、若者世代の最先端を走る音楽をふんだんに流す編成とした。
 
: スタート当時、ニッポン放送新入社員で広報部員だった中川公夫は、「それまでもそれなりにスポンサーはいたわけですからね。それを全部すっ飛ばして新しいスポンサーを探すとか、かなり大胆なことでエネルギーもいる仕事だったんですよ。その作業が大変だったんじゃないかな。」と話し、後に自らもDJを務める[[亀渕昭信]]も「当時の編成や営業が偉かったと思うのは、今のままじゃいけない、もっと若い人を開拓しないといけないと決断したこと。しかも、始まったばかりでそんなに知られていない番組もスポンサーに安売りをしなかった。我慢した。1年たったら、本当に有名な番組になりましたもん」と話している。
 
1967年10月2日深夜から放送開始。放送時間は月曜日~土曜日25:00 - 29:00(翌日未明1:00 - 5:00)。当初のDJ(「[[ラジオパーソナリティ|パーソナリティ]]」と呼ぶようになったのは1969年頃から)はニッポン放送アナウンサーの糸居五郎(月曜日)、[[斉藤安弘]](火曜日)、[[高岡尞一郎]](水曜日)、[[今仁哲夫]](木曜日)、[[常木建男]](金曜日)、[[高崎一郎]](土曜日。高崎はアナウンサーではなかったが、プロデューサー兼DJとしてニッポン放送の番組に出演していた)。初回放送のDJは、前身番組「オールナイトジョッキー」のDJだった糸居が務めた。
*外部のタレントではなく、アナウンサーやディレクターといったニッポン放送内部の人間を起用する
*スポンサーを付けない
**提供スポンサーから番組内容に口出しされることを嫌ったため、番組開始後半年間はスポンサーを付けなかった。のちにスポンサーを付ける際にも、「協賛スポンサー」という形で、番組内容にはタッチしないことを条件としており、パーソナリティがスポンサー名を読み上げる際、「以上各社の'''協賛'''で」と付け加えるのはこの原則に由来する。ほかの原則は現在では崩れているなかで、「協賛スポンサー」の原則は現在も守られている。
*狭いスタジオを使う、ゲストは呼ばない
**狭いスタジオに閉じこめ孤独感を味わわせることで、聴取者と一対一で喋っているような感覚にさせる。同様にゲストを呼ぶことも禁止した。
番組としてもこれといったコーナーも設けられず、聴取者からのお便り紹介とパーソナリティ自ら選曲した音楽をひたすら流すというシンプルな番組であった。
 
そのような初期の番組におけるアイデンティティとして、番組の冒頭の「'''君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽の代わりに音楽を、青空の代わりに夢を、フレッシュな夜<ref>糸居五郎は「新しい時代の夜」、また「エバーグリーン」当時の斉藤安弘は「フレッシュな夜明け」と言っていた。このように、パーソナリティによっては部分的にアレンジして使うこともあった。</ref>をリードする オールナイトニッポン'''」というフレーズがあげられる。このフレーズは80年代まで笑福亭鶴光が大きくアレンジして使っていたほか、初代DJの斉藤安弘がパーソナリティを務める2003年 - 2009年にかけて放送された『[[オールナイトニッポンエバーグリーン]]』、[[全日本空輸|全日空]]国際線の機内で流れているプログラム、SKY AUDIOの『オールナイトニッポンClassics』の中で聞くことができた(2010年8月1日現在)
この口上は、当時の番組構成作家、山之井慎によるものである<ref>『月刊[[ラジオパラダイス]]』1989年8月号『ニッポン放送35周年グラフィティ』29ページより。</ref>。
 
先述の若者をターゲットとした番組は好評を博す。それを表すエピソードとして、1967年9月に解散コンサートを行ったアマチュアグループ・[[ザ・フォーク・クルセダーズ|フォーク・クルセダーズ]]が卒業記念に自主制作したアルバムの楽曲『帰ってきたヨッパライ』を、[[高崎一郎]]が関西のラジオで評判になったのを聞きつけオールナイトニッポンでオンエアした所リスナーからの反響が大きく、一晩のうちに同じ曲を複数回にわたって掛けるほどとなり、それを切っ掛けに全国圏のブームとなり2か月で180万枚の売り上げを記録したことが挙げられる。こういった昼間のラジオ番組では決してかけられないようなマイナーな曲や、海外からの新しい音楽を含む深夜番組ならではの選曲が若者を刺激した。
 
さらに「年上のお兄さん」的存在だった気取らないアナウンサーパーソナリティ達の人柄に惹かれて、各パーソナリティ宛に毎週2万枚ものリクエストやお便りが届き、開始当初は人知れずひっそりと始まった『オールナイトニッポン』は、1年もしないうちにせず当時の若者層(大学生・高校生)に絶大的な支持を受けるニッポン放送の看板番組に成長、TBS『[[パックインミュージック]]』・文化放送『[[セイ!ヤング]]』と並んで深夜放送そのものが『'''深夜の解放区'''』として一種の社会現象となるに至った。
 
競合番組が乱立する中『オールナイトニッポン』は何よりもリスナーとの対話を重視し、サブタイトルに「'''ビバヤング'''」(=若者バンザイ!)を採用。<br />
前述のオープニングのスタイルもサブタイトルを強調し「“ビバヤング”オールナイトニッポン、この番組は…」となる。<br />
また、放送開始1年後の1968年9月には会報「Viva young」も発行し、発行部数がした5万部常に完売。(印刷物という、別のメディアを持ち込んだのも、オールナイトニッポンが最初である。)<br />
こうして、「ビバヤング」(=若者バンザイ!)は60年代から[[1970年代|70年代]]にかけての『オールナイトニッポン』の合言葉となる。
 
オールナイトニッポン番組が以前にも増して脚光を浴びたのは、[[1969年]]。この年の1月に木曜日担当に[[高嶋秀武]]が、10月に土曜日担当に亀渕昭信が参入する。<br />
亀渕はアナウンサー出身ではなかったが、ディレクター出身のパーソナリティとしてマイクの前に座って、それを逆手にスタジオの中を跳んだり走り回ったりと奇抜かつ斬新なDJスタイルをすることで聴取者から注目が集まり、一気に『オールナイトニッポン』の看板パーソナリティとなると共に、深夜放送に新しい息吹を送り込んだ。亀渕は当時について、「僕は、女の子3人組、モコ・ビーバー・オリーブの『パンチ・パンチ・パンチ』とか、前田武彦さんの『ヤング・ヤング・ヤング』といった番組を作っていたんですけど、よくしゃべるし、面白いからお前がしゃべれよと。自由にさせてもらったし、いい時代だったと思いますね」「僕は“制作上がり”でしたから、“てをには”とか早口言葉とかがうまくないわけ。その分、ほかでカバーしないと追いつかない。立ってしゃべったらとか、走り回ったらとか、ハガキを放り投げたら(当時リスナーから届いた2万枚のはがきをスタジオに放り投げ、一番遠くに飛んだハガキ(リスナー)に1万円をプレゼントしていた。)とか、一生懸命いろんなことをやりましたね。演出感覚ですね、それがちょっと違ってたんじゃないでしょうか」と語っている。
 
なお、このクーペ9は、ホンダから提供されたもので、あっという間にリスナーからの書き込みによって、真っ黒になっていったとされる。
 
1970年6月30日(火)深夜(7月1日未明)より、'''全国ネット'''を開始。 この日の[https://www.youtube.com/watch?v=4h-JTQ7nEIY 斉藤安弘のオールナイトニッポン]では、'''「札幌STVラジオ」「静岡放送」「ラジオ大阪」の3局'''をネット局として、クレジットの読み上げを聞くことができる。 また、この日は全国ネット開始の記念放送として、当時の月曜から土曜までのパーソナリティが勢揃いした。(火曜深夜・斉藤安弘の他、月曜深夜・糸居五郎、水曜深夜・高岡尞一郎、木曜深夜・天井邦夫、金曜深夜・今仁哲夫、土曜深夜・亀渕昭信)
 
1971年には、50歳を迎えた糸居五郎が1月17日13時30分-19日15時30分にかけて放送を続けるといった過酷な企画『[[50時間マラソンジョッキー|50時間マラソンDJ]]』も行われ、無事完走している。
 
=== タレントパーソナリティ/2部制導入・迷走期から第2次黄金期へ(1972年 - 1985年) ===
深夜放送ブームは197070年代に入っても続いていたが、若者層の嗜好の変化(それまでや時代変化(学生運動世代から[[しらけ世代|シラケ世代]]への移行など)や時代の変化にあわせ、ニッポン放送新たな放送スタイルを追求し始めることになる。そのため、1972年6月末をもって、亀淵昭信、今仁哲夫、糸居五郎を除くパーソナリティが降板する。
 
[[1972年]]7月からの1年間は亀渕昭信が『'''ビバカメショー'''』と称して、毎日25:00 - 27:00を担当した(9月までは月曜日担当の糸居五郎が継続していたため、月曜を除く毎日25:00 - 27:00。10月から月曜を含む毎日25:00 - 27:00となった)。次いで毎日27:00 - 29:00までは最初は今仁哲夫が担当した『'''ビバテツショー'''』が、[[1973年]]1月からは[[池田健]]が担当する『'''ビバケンショー'''』が放送された。この時に初めて27時で番組を分割する2部制の概念が生まれる。
しかし、岸部シローがわずか3ヶ月で降板したのをはじめ、あのねのねを除く各パーソナリティは翌[[1974年]]夏までに全て降板し、その後約3年間はパーソナリティが根付かずに短期間で入れ替わる不安定な時代が続く。その原因として、体力的にも話力的にも4時間のロングラン放送に耐えられないという点があった事から、1974年7月からは27時を境にパーソナリティを入れ換える'''2部制が本格的に導入'''される。
 
2部制の導入でパーソナリティの数が足りなくなったことから、1970年代半ばにはタレントや歌手だけでなく一般オーディションの形(オールナイトニッポン主催・「全国DJコンテスト」)でも無名の新人発掘に力を注いでいる。また、番組をネットしていた地方ローカル局のアナウンサーなどにも一時期番組を持たせたこともあった(『[[飛び出せ!全国DJ諸君]]』グランプリの[[柏村武昭]]など)。一方、タレントパーソナリティ選考に当たっては基本的に番組スタッフが前もってオーディションをした上で採用の合否を決定していったのだが、あくまでラジオ番組をやっていけるだけの話力や実力があるのなら職種や音楽知識の有無に囚われることなくパーソナリティに採用するようになったため、[[野坂昭如]]や[[稲川淳二]]など本来の『オールナイトニッポン』の流れとは明らかに外れた異色のパーソナリティも登場している。この時点で番組本来当初のコンセプト(ニッポン放送アナウンサーによる音楽主体の若者向け4時間深夜番組)は失われたが、それでも「若者向け」というコンセプトと、主に歌手が番組を持ったことで「音楽番組」としての機能はかろうじて引き継がれた格好となっている。<br />
一方、一旦降板していたDJ・糸居五郎は[[1975年]]に金曜2部、さらに水曜を経て[[1977年]]10月に古巣である月曜(2部)で復活しており、音楽主体からトーク主体に変わった『オールナイトニッポン』において、唯一開始当初の雰囲気とスピリッツを醸し出していた。[[糸居五郎のオールナイトニッポン|糸居五郎の月曜2部]]は糸居が1981年に定年退職するまで続いた。
 
迷走状態が続いていた1970年代中盤から[[1980年]]にかけて最初に頭角を現したのが[[あのねのねのオールナイトニッポン|あのねのね]]や[[笑福亭鶴光]]、[[タモリ]]、[[所ジョージのオールナイトニッポン|所ジョージ]]、[[つボイノリオ]]などの[[色物]]系・[[コミックソング]]歌手の担当番組であった。
 
特に[[笑福亭鶴光のオールナイトニッポン|笑福亭鶴光]]は全て大阪弁で番組を通すという特異性から当初は抗議のはがきが多数寄せられたが、「ミッドナイトストーリー」などのネタはがきコーナーを増設し、[[下ネタ]]を含めた話術の高さもあいまって次第に人気を集めるようになり、70年代末には番組に送られてくるはがきは毎週2万枚、ラジオ聴取占有率80%〜90%というオールナイトの看板パーソナリティに成長、他の曜日が2部制になった後も鶴光担当の土曜日だけは4時間の放送を継続した(一時期金曜も4時間放送にするが、1年半で元の2部制になる)。<br />当時大人気のあのねのねは番組中、[[原田伸郎]]が当時[[せんだみつお]]が担当していた『[[セイ!ヤング]]』の生放送中に[[文化放送]]のスタジオに電話をかけ、[[清水國明]]も『セイ!ヤング』の生放送中のスタジオに乗り込んで電話を通して「[[あのねのねのオールナイトニッポン]]」と番組宣伝、番組ジャックを敢行しファンの人気をさらに広めた。番組後半に一般のファンにスタジオを公開して「七不思議のコーナー」などいろんな企画を進行していく「あのねのね・ハッピースタジオ」も人気を博した。<br />
[[タモリのオールナイトニッポン|タモリ]]は鶴光が同じ話題として取り上げる「[[なんちゃっておじさん]]論争」や「NHKつぎはぎニュース」などタモリのアングラなキャラクターを発揮した番組内容で話題となる。
 
[[1991年]]10月には、25年目突入を記念して、中島みゆき、タモリ、ビートたけし、笑福亭鶴光の各オールナイトニッポンが、一夜限りの復活放送を行った。また、[[1997年]]10月から[[1998年]]3月まで、番組放送開始30周年を記念して、過去のパーソナリティが担当する『[[オールナイトニッポンDX]]』が、19:00 - 21:00に放送されている。
 
しかし、1990年代中頃になると、テレビの深夜番組の充実化や[[ビデオテープレコーダ|ビデオデッキ]]、[[ゲーム機]]、[[パーソナルコンピュータ|パソコン]]、[[携帯電話]]の普及等によって、若年層を中心とした[[ラジオ離れ]]が顕著になり、深夜ラジオ全体の長期低落傾向が目に見えて現れて来る。さらに同じラジオ業界内でも80年代末以降民放FM局急増した事や、『[[スーパーFMマガジン]]』([[エフエム東京|TOKYO FM]])『[[FMナイトストリート]]』([[ジャパンエフエムネットワーク|JFN]])など、民放FM局が深夜帯にAMラジオ的なネタ・トークを中心に据えた番組を制作する様になったことから聴取者全体のパイが分散し、一部の地方局でのCM収入の減少による制作費減少等、AMラジオの深夜放送に対する逆風は強くなっていった。番組に寄せられるはがきやFAXの数も激減し(1997年当時、[[ナインティナインのオールナイトニッポン]]宛てに送られてくるはがき・FAXの数はトータルで週3000枚程度であり、60 - 70年代の人気番組の7分の1程度にまで落ち込んでいた)、オールナイトニッポンだけでなく、AMラジオの若者向け深夜放送自体の将来に暗雲が立ち込めていた。その様な中で、ニッポン放送はパソコンや携帯電話、メールなど新しいツールに目をつけ、それらのIT機器とAMラジオの関係を融合させるべく『オールナイトニッポン』を含めた夜帯の大改編を行うことになる。
 
[[1998年]]春の改編では、2部枠(27:00 - 29:00)が'''R(リラックスの略)'''がついた『[[オールナイトニッポンR]]』に改称。金曜深夜と土曜深夜を除き28:30終了と30分短縮された。この時期には[[インターネット放送]]でのスタジオ同時生中継が試験的に行われ、この試みは後に「[[LFX488]]」に生かされた。
これについて、[[オールナイトニッポン0(ZERO)]]の制作統括責任者の[[松岡敦司]]は「そもそもオールナイトニッポンという番組は、新しい才能をリスナーに紹介する場だったからです。「新しい才能を発掘していくのがオールナイトニッポンだ」という想いが私自身の中にあったのです。」と語っていて<ref name="mynavi_2016">{{Cite web |url= https://job.mynavi.jp/16/pc/search/corp58310/premium.html|title= ラジオの枠を超えて、世界を広げていく。ニッポン放送で働く魅力はこれに尽きる。|accessdate=2015-01-30}}</ref>、1990年代から2000年代にかけて見られた知名度ありきのパーソナリティを起用するという方針から、かつて、1970年代半ばに見られた新人パーソナリティの発掘・育成を図るという方針に転換している事を窺わせている。また、[[Youtube]]を利用した投稿を用いたことについて松岡は「とにかく面白いことができる人であれば何人でもかまわない。とにかく気軽に応募して欲しいということ。これだけインターネットが普及している時代なのでやはり、動画投稿サイトを使うのが良いだろうという結論に達しました。」とも語っている<ref name="mynavi_2016"/>。
 
特に、2014年4月から2015年3月に放送された「[[ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン0(ZERO)]]」の場合、27時から29時の放送時間帯にもかかわらず、有楽町にあるニッポン放送本社の出入り口には多くの女性ファンが出待ちする中で、NOTTVにチャンネルを合わせて、この番組を見ていたという<ref name="mmbi_20150921">{{Cite web |date = 2015-09-21|url = http://info.nottv.jp/nottv/upload/NOTTV%20Press%20Release_%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E6%9D%91%E6%9C%AC%E3%81%AEANN.pdf|title = ニッポン放送「ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン」 9月28日(月)からNOTTVで映像付き同時生放送決定!|format = PDF|publisher = 株式会社mmbi|accessdate = 2015-10-12}}</ref>。
 
2013年2月22日 22:00 - 2月24日 22:00は「[[たけし みゆき 千春も登場! 伝説のパーソナリティが今を語る オールナイトニッポン45時間スペシャル]]」を放送。同番組は24日 9:00 - 12:00「[[東京マラソン]]2013」の生中継などを挟みながら45時間の長時間生放送(一部録音)となった。
2013年9月16日より21日までの6日間は、「『オールナイトニッポン』×[[YouTube]] エンタメウィーク<ref>2013年9月14日より9月23日までの10日間、総合プロデューサーに[[高須光聖]]を迎えて開催される、『エンターテイメントコンテンツの祭典』</ref><ref name="ANN_YouTube_2">{{Cite news |title= 鬼龍院翔、AKB48、ナイナイほか『オールナイトニッポン』をYouTubeで観る1週間|newspaper= BARKS|date= 2013-09-04|author= |url= http://www.barks.jp/news/?id=1000094101|accessdate=2013-09-09}}</ref>連動企画」と題して、史上初めて月曜から土曜日まで旧1部、2部の枠全て(土曜2部を除く)が動画配信された<ref name="ANN_YouTube">{{Cite news |title= オールナイトニッポンが1週間限定でYouTube同時配信|newspaper= お笑いナタリー|date= 2013-09-02|author= |url= http://natalie.mu/owarai/news/98553|accessdate=2013-09-03}}</ref><ref name="ANN_YouTube_2"/>。
 
2015年2月2日からニッポン放送と[[吉本興業]]が共同で企画制作するインターネット配信番組「[[オールナイトニッポンw]]」(月曜日-金曜日19時から10分から15分程度の動画を配信)が[[YouTube]]を用いて配信<ref>{{Cite news |title= 橋本環奈 ユニットでユーチューブ版ANN初回MC|newspaper= スポーツニッポン|date= 2015-01-31|author= |url= http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/31/kiji/K20150131009724620.html|accessdate=2015-01-31}}</ref>。日曜日
 
2015年7月10日からNOTTVにて『[[三代目 J Soul Brothers 山下健二郎のオールナイトニッポン]]』を一週間遅れの金曜日23時からあらかじめ収録したものを放送<ref>{{Cite web |date= 2015-06-27|url= http://info.nottv.jp/nottv/upload/NOTTVRelease_%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E5%81%A5%E4%BA%8C%E9%83%8E%E3%81%AEANN.pdf|title= ニッポン放送「三代目 J Soul Brothers 山下健二郎のオールナイトニッポン」 7月からNOTTVで動画放送決定!|format=PDF |publisher= |accessdate=2015-06-30}}</ref>。また、2015年9月28日から「[[ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン]]」を映像付きの同時生放送を開始<ref name="mmbi_20150921">{{Cite web |date= 2015-09-21|url= http://info.nottv.jp/nottv/upload/NOTTV%20Press%20Release_%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E6%9D%91%E6%9C%AC%E3%81%AEANN.pdf|title= ニッポン放送「ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン」 9月28日(月)からNOTTVで映像付き同時生放送決定!|format=PDF |publisher= 株式会社mmbi|accessdate=2015-10-12}}</ref>。
 
=== 日曜日 ===
日曜深夜にも1985年以前に『[[オールナイトニッポン電話リクエスト]]』という、糸居五郎や[[木藤たかお|木藤隆雄]]、はたえ金次郎([[波多江孝文]])などが担当した電話リクエスト番組があった。また、
* [[赤坂泰彦]]のオールナイトニッポン電話リクエスト (1997年10月 - 1999年3月、23:00 - 25:30)
336

回編集