「XML Path Language」の版間の差分

→‎JavaScript: 作れる事ができ、のあたりの表現を修正。
(→‎JavaScript: 作れる事ができ、のあたりの表現を修正。)
 
===JavaScript===
HTML ではなく、一般の XML に関しては、[[XMLHttpRequest]] を使うと DOM木ことができ、どちらに対しても XPath が使える。[[Internet Explorer]] の場合は、<code>XMLDomNode.selectNodes()</code><ref>[http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms754523.aspx selectNodes Method]</ref> にて XPath が使える。Internet Explorer 以外のブラウザでは、DOM Level 3 XPath の仕様通り、<code>XPathEvaluator.evaluate()</code><ref>[http://www.w3.org/TR/DOM-Level-3-XPath/xpath.html#XPathEvaluator-evaluate evaluate - Document Object Model XPath]</ref> にて、XPath が扱える。
 
現在では、ブラウザ標準で XPath が使えるが、2007年くらいまでは、JavaScript で実装した XPath が作られていて、 JavaScript-XPath<ref>[http://coderepos.org/share/wiki/JavaScript-XPath JavaScript-XPath]</ref>やGoogle AJAXSLT<ref>[http://goog-ajaxslt.sourceforge.net/ Google AJAXSLT]</ref>などが XPath を実装している。
匿名利用者