「中村せん・りつ」の版間の差分

中村家先々代当主・中村主水の娘。同家先代当主・中村主水の妻。現当主・中村主水の妻・中村りつの母であり、主水の義理の母、姑に当たる。
 
早くに夫を亡くし、女手一つで子供たちを育てあげた。典型的な鬼姑で娘婿の中村主水に対しては、あまりにも怠惰な生活ぶりに手を焼いている。このだらしない娘婿を「ムコ殿!」(初期のシリーズでは「主水殿」と呼ぶこともあった)と叱責し、他の家庭の婿たちや主水の同僚役人の出来のよさを引き合いに主水の現状を嘆いたり、あるいは長々と中村家の由緒云々を語り、(せんから見て)立派な先祖達の言行と主水の失敗を比較するのが決まったパターンである。もっとも、せんからすれば、主水に中村家の当主として立派に振舞ってほしいとの思いから行われる叱責である(主水の裏稼業が露見しそうになり、せんとりつを連れて江戸から逃げようと家に帰った折、せんが主水を頼りにしていることを偶然聞いてしまい、逃げるのを止めて戦うことを決意するエピソードも存在する)。
 
演じる菅井きんにとっては当たり役となったが、せんのイメージが強すぎて、娘の縁談が破談することを恐れ、『[[新・必殺仕置人]]』の[[クランクイン]]直前に降板を希望したことがある。この時は製作スタッフが菅井に配慮し、結果として降板せず、娘の縁談も無事成功したというエピソードがある(詳しくは[[必殺シリーズ#中村主水の主人公問題]]を参照)。