「木陰弥右衛門」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
[[源義朝]]の6子[[源範頼]]が[[伊豆国|伊豆]]で最期を遂げたらしいが、その範頼が死の直前、隠れ里といわれた透破の頭、[[九十九源兵衛]]に救われたらしい。源兵衛の娘が[[飛燕]](範頼の子を産む)でその弟戸切りが、ひそかに範頼を伊豆から連れ出して因幡に走った。因幡国[[八頭郡]]河原と郡家にまたがる[[霊石山]]が隠れ家だった。山頂には[[天照大神]]が西征のとき、白兎に案内されて行宮の場所とした聖跡伊勢が平(いせがなる)もあり、土地の名から木陰と称した。先祖は源範頼と思われる。
 
<!-- == 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}} -->
<!-- == 参考文献 == {{Cite book}}、{{Cite journal}} -->
 
== 関連項目 ==
<!-- {{Commonscat|}} -->
13

回編集