「京阪600形電車 (3代)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''京阪600形電車'''<ref>本形式が製造された当時、京阪は正式な形式称号に「'''型'''」を使用しており、竣工時は「600型」であった。その後、[[鉄道事業法]]の施行に際して形式称号を「形」に変更した。本記事では現在の「形」で記載する。</ref>(けいはん600がたでんしゃ)は、[[1984年]]([[昭和]]59年)に登場した[[京阪電気鉄道]]の[[京阪石山坂本線|石山坂本線]]用の[[電車]]([[路面電車]][[鉄道車両|車両]])。
 
[[京阪300型電車 (2代)|300型]]・[[京阪260電車|260形]]の車体を流用して製造された。当初は[[京阪大津線|大津線]]([[京阪京津線|京津線]]・石山坂本線)全区間で運用されていたが、京津線の[[京都市営地下鉄東西線]]乗り入れ開始以降は、石山坂本線のみでの運用となっている<ref>『私鉄車両年鑑2013』、イカロス出版、2013年、68頁</ref>。
 
== 投入の経緯 ==
* 4次車: 2本(617・618、619・620)
 
1次車は[[京阪300型電車 (2代)|300型]]、2 - 4次車は[[京阪260電車|260形]]の車体を流用して製造されているが、書類上は新製扱いとなっている。
 
== 車体・機器 ==
前面の形状は2種類あり、1次車は平面[[ガラス]]2枚窓、2次車以降は曲面ガラスを採用したパノラミックウインドウである。
 
連結面は、1次車は300のものをそのまま継承した雨樋が通った丸妻となっている。片運転台の2603次車の車体を流用した2次車と3次車613・614は張り上げ屋根の丸妻となっている。両運転台の2602次車の車体を流用した3次車615・616と4次車は、[[操縦席|運転台]]跡の客室化も併せて施工したので切妻となっている。
 
登場時、1次車は下段上昇・上段上昇の2段窓で下部には桟(保護棒)が取り付けられていたが、3次車が下段固定・上段上昇の保護棒なしで登場し、1・2次車も1990年から1991年にかけて<ref>「京阪電気鉄道 現有車両車歴表」、『鉄道ピクトリアル2009年8月臨時増刊号』第822巻、電気車研究会、2009年 290頁</ref>下段窓の固定化と保護棒の撤去が行われた。これらは後に登場した[[京阪700形電車 (3代)|700形]]にも引き継がれている。
 
== 昇圧対応改造工事 ==
1993年から1994年にかけて、[[架線]][[電圧]]の1500V昇圧対応改造が行われ、SIVが複電圧仕様のものに交換された。制御装置をACRF-M853-788A(直並列各7段、弱め界磁無段階)から700形と同じ「ACRF-H870-793A」へ、モーターも同じくTDK8565-A(端子電圧150V、定格電流410A、分巻界磁電流65A、出力53kW、定格回転数1,150rpm)<ref>交換工事の際に発生した余剰品の一部は、[[叡山電鉄]][[叡山電鉄900系電車|900系]]に小改造のうえで流用されている。</ref>から「TDK8760-A」に換装され、53kWから70kW(端子電圧375V時)へパワーアップされた。空気ブレーキも[[電気指令式ブレーキ|電気指令式]]に変更され、700形と運転取り扱いを共通化された。同時に標識灯のLED化や車椅子スペースの設置などが行われた。なお、回生・発電制動はマスコン操作で行われる。冷房装置は京津線からの撤退に伴って[[京阪80電車|80形]]の廃車発生品に交換されている<ref>[http://web.archive.org/web/20080317055959/http://www.keihan-o2.com/tr/45.html 第1回: 石山坂本線 600形電車(1)] keihan-02.com(Internet Archive)</ref>。
 
== ワンマン化改造 ==
[[2008年]]4月から車体に順次[[京阪グループ]]のCIロゴを貼付している。また、611編成の坂本ケーブルの車両を模した塗装から徐々に車番がステッカー化されつつある。
 
2013年からは大津線100周年を記念し、603編成を[[京阪特急|京阪旧特急]]色に改めた<ref name=A>{{PDFlink|[http://www.keihan.co.jp/info/upload/2012-09-18_otsu_600.pdf 石山坂本線で「京阪本線特急色600形車両」を運行します!]}} - 京阪電気鉄道 2012年9月18日 報道発表資料</ref>。これは、かつて[[京阪260電車|260型]]や[[京阪300型電車 (2代)|300型]]がまとっていたものの再現で、[[京阪3000系電車 (初代)|旧3000系]]が引退して以降は、[[京阪鋼索線|男山ケーブル]]の搬器を除けば、京阪の路線を走行する車両のうち旧特急色で塗られた唯一の編成となっている<ref>他社線では、[[富山地方鉄道]]の[[京阪3000系電車 (初代)#富山地方鉄道10030形電車 |10030形]](旧3000系を譲渡したもの)が旧特急色を再現している。</ref>。
 
=== 現在運行中のラッピング電車 ===
1,397

回編集