「京阪1800系電車 (2代)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''京阪1800系電車'''(けいはん1800けいでんしゃ)は、[[京阪電気鉄道]]がかつて保有していた[[通勤形車両 (鉄道)|通勤形電車]]。[[1983年]]12月に実施された[[京阪本線|京阪線]]の架線電圧昇圧工事に備え、在来車2系列の車体と電装品を組み合わせて製造された
[[1983年]]12月に実施された[[京阪本線|京阪線]]の架線電圧昇圧工事に備え、在来車2系列の車体と電装品を組み合わせて製造された。
 
== 概要 ==
1983年に[[京阪本線|京阪線系]]の架線電圧を直流600[[ボルト (単位)|V]]から直流1,500Vへ昇圧するに当たり、昇圧対応車両の絶対数が不足したことから、[[京阪600系電車 (2代)|600系]]の車体と[[京阪1800系電車 (初代)|1800系(初代)]]の電装品を組み合わせて応急的に製作された。
 
製造は[[1982年]]から1983年にかけて実施され、書類上の車籍は種車のうち600系のものが引き継がれている<ref>同様の事例として、[[京阪大津線|大津線]]用として[[京阪500形電車 (2代)|500形(2代)]]が[[1979年]] - 1981年に[[京阪260電車|260形]]四次車から改造されているが、そちらは本系列とは異なり、足回りをすべて一新している。ただし、ともに形式消滅まで非冷房だったことが共通している。</ref>。
 
以下の3形式14両が改造された。一覧の記載は新番号・旧番号(車籍・車体流用元)・旧番号(機器流用元)・竣工日の順に記す。
1,397

回編集