「北大阪電気鉄道1形電車」の版間の差分

m
同年[[8月7日]]未明に発生した[[四宮車庫]]火災で当時の[[京阪京津線|京津線]]の主力であった[[京阪50型電車|50]]・[[京阪70型電車|70型]]を中心に22両が被災したことから、低床ホーム区間で使用可能な車両が不足する状況となったため、20・30型が京津線に転出、石山坂本線の運行は本形式や100型を中心に廃車予定の単車と5形によってまかなわれることとなった。それでも車両が不足することから阪急で余剰となった34・35と[[箕面有馬電気軌道1形電車|阪急1形]]14・15が同年秋に応援入線して<ref>34・35は5型の続番である6・7に改番。</ref>急場をしのぎ、京阪の分離再独立後の翌[[1950年]]には阪急1形のうち11 - 13と16 - 18の6両が転入して同形は合計8両となった<ref>京阪での形式名は10型。</ref>。この時点で車両不足解消に一定のめどをつけるとともに、老朽単車の全廃を実施、石山坂本線のボギー車化を完了した。また、塗色も転入当初の茶色系から、[[1951年]]までに当時の京阪の標準色であったクリームとライトブルーのツートンカラーに変更されている。
 
その後の本形式は、坂本駅の低床ホーム高床化工事完成後に石山坂本線の車両を14m級の3扉車で揃えることになったことから、5型全廃前後の[[1953年]]8月に全車京津線に転出し、小型であるがゆえに朝ラッシュ時の急行や夏季水泳客や冬季スキー客輸送用の特急<ref>1953年当時の停車駅は[[京阪山科駅|京阪山科]]のみ。ただし1960年頃臨時特急は同駅も通過するようになった。</ref>に充当された<ref>逆説的な使用法ではあるが、停車駅が限られ、乗降客数の把握が容易な優等列車に小型車を使用して、大型車を輸送力を必要とされる列車に転用している。</ref>。しかし、京津線の施設改良工事が行われ、急行用に[[京阪本線]]から200型が転入した[[1954年]]以降は運用機会が減少し、[[1957年]]の[[京阪260電車|260型]]登場後は再び石山坂本線に復帰して予備車となり、翌[[1958年]]には救援車となった1以外は休車となって、[[1959年]]12月に全車廃車された。
 
=== 京福電気鉄道福井支社ホサハ51形 ===
1,397

回編集