「京阪2000系電車」の版間の差分

m
 
== 昇圧対応と終焉 ==
[[1970年代]]に入ると架線電圧の1500Vへの昇圧が本格的に検討されるようになり、京阪線で最大勢力だった本系列の処遇が課題となった。本系列の分巻界磁制御の昇圧対応が困難であったことや、新しい冷房付車輌が急行を中心に投入される一方で、普通列車の冷房化のためには本系列の改造もしくは代替車両の製造が急務という状況もあり、本系列の車体や装備品を可能な限り再利用して昇圧に対応した車両に作り替えることとなった。こうして、[[1978年]]から本系列の廃車が始まり、[[京阪2600系電車|2600系]]へと改造されていった。但し[[京阪700系電車 (2代)|700系(2代)]]→1000系(3代)と同様に車籍は受け継がれないため、書類上は「代替新造」という扱いになっている<ref>また、これとよく似たような手法で[[京阪大津線|大津線]]では[[京阪260電車|260形]]のうち6両から改造された[[京阪500形電車 (2代)|500形(2代)]]がほぼ同時期に登場している。</ref>。
 
最後まで残った編成は、2000型1次車ばかり4両という登場当時と同じ形に組み直され、宇治線を中心に運用されたが、[[1982年]]に廃車となり、2000系は形式消滅となった。
1,397

回編集