「60 Minutes」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎概要: タイプミスを修正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
 
60分の中で3つのテーマを取り上げる「マガジン・スタイル(ニューズマガジン)」の番組で、それを意識してか画面いっぱいの「表紙」を背にしてスタジオコーナーは収録される。
 
『60 Minutes』は、日本のテレビ番組にも影響を与えてきた。[[民間放送|民放]]各局が「報道元年」と位置付けた[[1980年]]には、[[TBSテレビ|TBS]]が『[[JNN報道特集]](現:[[報道特集 (TBS)|報道特集]])』、[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]が『TV-EYE』、[[テレビ朝日]]が『[[BIG NEWS SHOW いま世界は]]』といった[[報道番組]]を放送開始。そのモデルとなったのが本番組とされている。なお、旧い文献は「60分」と記されている。
 
== 出演者・スタッフ ==
2005年9月に放送を終了した。終了の主たる理由は[[ジョージ・ウォーカー・ブッシュ|ジョージ・W・ブッシュ]][[大統領]]の軍歴詐称疑惑報道であり、取材した[[ダン・ラザー]]はCBSから去っている。出演者やスタッフは『60 Minutes』に合流している。
 
== 日本国内での放送 ==
日本では1988年10月から2010年3月まで、[[TBSテレビ|TBS]]などで『'''[[CBSドキュメント]]'''』の番組内で放送されていた。2009年の時点で水曜日の深夜(木曜日の未明)の時間帯に放送。司会は[[ピーター・バラカン]]と[[吉川美代子]]だった。<br/>
2010年4月以降は、CS・ケーブルテレビ局で放送されるニュース専門チャンネル[[TBSニュースバード]]で『'''CBS60ミニッツ'''』として放送が継続されたが、2014年3月をもって終了した。放送時間は毎週水曜日23:00 - 23:45。司会はピーター・バラカンが前番組から続投したほか、新たに[[黒木奈々]]が担当した。
 
また、[[AFN]]内総合チャンネル'''AFN|prime PACIFIC'''でも毎週月曜日の19:00 - 20:00まで放送されている。
 
===そのほかの 日本の放送業界への影響 ===
『60 Minutes』は日本の[[1980年代報道番組]]にも影響を与えており、1974年4月1日に『[[ニュースセンター9時]]』([[日本各局が送協会|NHK]])を[[プライムタイム|深夜プライム枠(22-23時台)]]て[[ワイド番組|ワイド]]ニュースショーとして開始。[[1980年代]]に入り、[[民間放送|民放]][[キー局]]が「'''報道元年'''」と位置付け報道ワイド番組を編成するようになり、[[BIG NEWS SHOW いま世界は1980年]]」([[テレビ朝日]])「に『[[JNN報道特集]]([[TBSテレビ]])、[[TV-EYE]]([[日本テレビ放送網|日本テレビ]])など、が『[[BIG NEWS SHOW いま世界は]]』([[テレビ朝日]])等がスタートするようになるが、した。この下地は当番組を手本と踏襲したとされている<ref>[http://www.nhk.or.jp/archives/archives-catalogue/chrono/chrono_1980-84.html NHKアーカイブスカタログ1980-84]</ref>
 
== 脚注 ==