「きょしちょう座47」の版間の差分

情報を整理、本文修正。しかし出典求ム(助けて)。
(情報を整理、本文修正。しかし出典求ム(助けて)。)
| 仮符号・別名 = [[ニュージェネラルカタログ|NGC]] 104<ref name="simbad" />、[[カルドウェル天体|Caldwell]] 106、[[メロッテカタログ|Mel]] 1
| 星座 = [[きょしちょう座]]
| 視等級 = 4.9109<ref name="simbad" />
| 視直径 = 30.9'
| 分類 = [[球状星団]]<ref name="simbad" />
}}
 
'''きょしちょう座47'''('''[[ニュージェネラルカタログ|NGC]] 104'''、'''[[カルドウェル天体|Caldwell]] 106''')は、[[きょしちょう座]]にある[[球状星団]]である。肉眼で見ることができる。実視等級が4.0等と明るいため初めは恒[[ケンタウルス座]]の[[ω団]]して「きょしちょう座47番」いう番号が与えられて星表記載された。これ以来、球状星団肉眼ることが分かった現在もこきる球状星団名前一つ呼ばれている。
 
== 概要 ==
恒星でなく星雲状天体であることは[[1751年]]に[[ニコラ・ルイ・ド・ラカーユ]]が発見した。このによって団は赤緯が低いため、非常記されい球状星団あるにもかかわらずラカーユの発見以前にはヨーロッパの観測者知られていなかった<ref name="seds" />。この星団の視直径はほぼ満月の大きさに等しい。天球上では同じきょしちょう座の[[小マゼラン雲]]のごく近くに位置するが、小マゼラン雲(距離約20万光年)に属する天体ではない。
 
[[ω星団]]に次いで全天で2番目に明るい球状星団であり、星団の中心部に非常に明るく高密度の中心核を持つことで知られている。またきょしちょう座47には22個のミリ秒パルサーが存在することが分かっている。
 
== 名称 ==
初めは恒星として「きょしちょう座47番」という番号が与えられて星表に記載された。これ以来、球状星団であることが分かった現在でもこの名前で呼ばれている。なお「47」という番号は、[[ヨハン・ボーデ]]が1801年に刊行した ''Allgemeine Beschreibung und Nachweisung der Gestirne'' の中で付けられた番号であり、[[フラムスティード番号]]ではない。
 
== 画像 ==
| work=Results for NGC 104
| url=http://simbad.u-strasbg.fr/simbad/sim-basic?Ident=NGC+104
| accessdate=20122015-0511-04}}</ref>
<ref name="seds">{{Cite web
* [ |url=http://wwwmessier.seds.org/messier/Xtraxtra/ngc/n0104.html NGC 104] @ SEDS
|title=NGC 104
|publisher=SEDS
|accessdate=2015-11-04
|date=2006-06-20}}</ref>
</references>
 
== 外部リンク ==
* [http://www.seds.org/messier/Xtra/ngc/n0104.html NGC 104] @ SEDS
 
{{カルドウェル天体}}