メインメニューを開く

差分

* 全体として、モデルは前期型・中期型・後期型に分けられるとされている。前期型は[[ボンネット (自動車)|ボンネット]]脇に2本のプレスラインが入り[[給油]]口がある、中期型は給油口がなくなっており、ボンネットを開けて給油する事となる(尚、BTTFで用いられたもこのタイプ)、後期型は2本のプレスラインが消え、一番右下に「DeLorean」のエンブレムがある、という特徴がある。<!--但しボンネットは交換が容易なのでボンネットだけで正確に判断する事は難しいと言える(たとえば、後述のコンバートEVの場合中期型だが、事故の影響で後期型のボンネットを装着している)-->[http://www.jigowatt.org/dmc/car.html]
* かつて北海道[[函館市]]にあった、函館出身のロックバンド[[GLAY]]の記念館、Art Style of GLAYでは、鏡の部屋に半分だけのDMC-12が展示されてあり、観覧客が乗り込むことも可能だった。これは、メンバーの[[HISASHI]]お気に入りの映画が『バック・トゥ・ザ・フューチャー』であることと、自身の車好きのためだと推測される(彼は別冊カドカワのGLAY総力特集<ref>『別冊カドカワ 総力特集 GLAY』 角川書店<カドカワムック 213>、2005年1月 ISBN 4-04-894456-8</ref>での対談でもDMC-12について語っている)。
* 映画評論家の[[有村昆]]が所持し、メディアで度々取り上げられていたが、[[2015年]]に売却。
* 栃木県[[那須郡]][[那須町]]にある[http://www.ps-car.com/ 那須PSガレージ]にもノーマル状態とタイムマシン仕様の2台が展示されており、タイムマシン仕様のDMC-12としてはUSJ内に展示されているものよりも精巧である。
* 愛知県[[豊橋市]]に、[http://www.dmc.jp/ DMC Japan]があり、DMCからのライセンス供与を受け、修理や輸入代行を行っている。DMCevの輸入代行と国内適合も行なう予定である。
匿名利用者