「管理通貨制度」の版間の差分

編集の要約なし
(180.1.90.216 (会話) による ID:57123276 の版を取り消し)
編集の要約なし
[[ファイル:Components of the United States money supply2.svg|thumb|アメリカの[[マネーサプライ]]の推移。<br>通貨当局は金保有量にかかわらず[[通貨供給量]]を増減させることが出来る。]]
'''管理通貨制度'''(かんりつうかせいど)とは、[[通貨]]の発行量を[[通貨当局]]が調節することで、[[物価]]の安定、[[経済成長]]、[[雇用]]の改善、[[国際収支]]の安定などを図る制度。[[本位制度]]に対していう。
 
[[第二次世界大戦後]]から[[情報革命#IT革命の進行・歴史|情報革命]]を背景に電子記録としての[[預金通貨]]を止め処なく増やしている。右図のような[[通貨供給量]]の増加は世界的な傾向である。
 
== 概要 ==
匿名利用者