「阿比留瑠比」の版間の差分

編集の要約なし
(Category:日本の反共主義者をトル。記事における言及無し。関連性の薄い関連項目も掃除。)
** 結果は自民37議席であったが、安倍はすぐには辞任せず、辞任を表明したのは9月になってからだった。安倍の首相・自民党総裁辞任に伴う[[2007年自由民主党総裁選挙|自民党総裁選]]に関連し、阿比留のブログには元[[内閣官房長官]]の[[福田康夫]]がかつてのように各派閥の談合で擁立されたことや、福田の対中政策への警戒感などを示したコメントが殺到したという。
* [[人権擁護法案]]上程の動きの根について、[[山崎拓]]と[[部落解放同盟]]との政治的癒着にあるとしている。これは落選していた山崎が[[補欠選挙]]への出馬の際に、[[部落解放同盟]]が選挙協力と引き換えに同法案成立を要求したことが発端であると、自らの取材の結果明らかであるとしている<ref>[http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/486401/ 人権擁護法案と山崎拓氏の選挙をめぐる「密約」]</ref>。
* 選択的[[夫婦別姓]]制度導入に反対<ref>産経新聞、2015年11月5日</ref>。
 
==== 対人関係 ====
匿名利用者