「エリュトゥラー海案内記」の版間の差分

編集の要約なし
『'''エリュトゥラー海案内記'''』(エリュトゥラーかいあんないき、{{{lang-el|''Περίπλους τῆς Ἐρυθράς Θαλάσσης''}}}、 {{lang-la-short|''Periplus Maris Erythraei''}}、{{lang-en-short|''Periplus of the Erythraean Sea''}})は、古代の[[インド洋]]近辺における[[洋]][[貿易]]について[[ギリシア語]]で記された航海案内書。10世紀の版が[[ハイデルベルク大学]]図書館に、14・15世紀の写本が[[大英博物館]]に所蔵される。
 
== 名称 ==
「エリュトゥラー」({{lang|el|Ἐρυθρά}}) とは[[ギリシア語]]で「赤」の意味。すなわち、「エリュトゥラー海」とは「[[紅海]]」という意味である。ただし、古代においては、紅海、[[ペルシャ湾]]、[[オマーン湾]]、[[アラビア海]]、[[インド洋]]、[[ベンガル湾]]を含めた海のことを広く指していた。
 
== 概要 ==
[[File:Periplous of the Erythraean Sea.svg|thumb|450x450px|案内記に登場する地名、航路、交易品]]
[[ギリシア語]]で著述されている。紀元後40年から70年ごろに成立したと推定され、著者はエジプトに住んでいた[[ギリシャ人|ギリシア人]]航海者であったと言われる。この書は、[[インド洋]]に吹く[[モンスーン#モンスーンによる貿易|季節風]]を利用した遠洋航行を行う貿易業者のために書かれた。当時、インド洋においては、[[ローマ帝国]]と南インドの[[サータヴァーハナ朝]]の間で季節風貿易が行われており、そのためこの書には航海の状況のみならず、各港での貿易品や各地の特産品などについての記述も詳しい。[[アラビア半島]]から[[東南アジア]]にいたるまで広い範囲をカバーしているため、1世紀ごろのインド洋周辺という、情報の少ない地域・時代の様相を知るための貴重な史料である。
 
『エリュトゥラー海案内記』に見られる地域は以下のとおり。
*[[マレー半島]]
 
[[中国]]について、「[[秦]]」の名にもとづいて {{lang|el|θίν}} ''Thinai(Thin、スィン)'' という呼称で紹介している。<!--ヨーロッパ各地における呼称のの語源となった。-->
 
=== 名称 ===
「エリュトゥラー」({{lang|el|Ἐρυθρά}}) とは[[ギリシア語]]で「赤」の意味。すなわち、「エリュトゥラー海」とは「[[紅海]]」という意味である。ただし、古代においては、紅海、[[ペルシャ湾]]、[[オマーン湾]]、[[アラビア海]]、[[インド洋]]、[[ベンガル湾]]を含めた海のことを広く指していた。
 
== 関連項目 ==
== 参考文献 ==
* 『エリュトゥラー海案内記』[[村川堅太郎]]訳、生活社、1946 のち[[中公文庫]]
** 中公文庫 1993年初版 ISBN 4122020417
** 中公文庫 2011年改版 ISBN 4122055040
* [http://www.fordham.edu/halsall/ancient/periplus.html Ancient history sourcebook]: The basic text from Schoff's 1912 translation.