「土塁」の版間の差分

編集の要約なし
'''土塁'''(どるい、{{lang-en-short|earthwork fortification}})とは、敵や動物などの侵入を防ぐために築かれた土製の[[堤防]]状の壁である。
== 日本 ==
[[File:Yamasinaj2.jpg|thumb|220px|山科本願寺の土塁跡]]
日本では[[古代]]から[[近世]]にわたって、[[豪族]]の[[住居]]、[[環濠集落]]、陣地、[[城]]、[[寺院|寺]]、などの周囲にライン状に盛られた。安土、的土(あづち)ともいう。
 
平地に盛られる土塁は[[堀]]と組みとして作られ、堀を穿ったときの土を盛土に利用して作られることが多い。これを'''掻揚土塁'''(かきあげどるい)という。土塁内側からの高さは低くて約2メートル、高くて3メートルほどある<ref name="三浦">三浦正幸著『城のつくり方図典』小学館 2005年</ref>。また、盛土ではなく山の斜面で[[切土]](きりど)をして[[勾配]]を造ったものを'''[[切岸]]'''(きりぎし)をいう。[[江戸時代]]以前、こうした土塁や切岸は'''土居'''(どい)、'''土手'''(どて)と呼ばれていた<ref name="加藤">加藤理文編『別冊歴史読本 城の見方・歩き方』新人物往来社 2002年</ref>。
 
土塁の役割として、防御区画内部への攻撃側の侵入を阻止する障壁。攻撃側からの防御区画内部への視界を遮り射撃を防ぐ。戦術上有利な位置となる高所を守備側に占位させる。などがあげられる。
匿名利用者