「鳥海山大物忌神社」の版間の差分

編集の要約なし
== 歴史 ==
=== 創建に関する諸説 ===
[[景行天皇]]または[[欽明天皇]]時代の創建と伝えられるが、諸説があり、山頂社殿が噴火焼失と再建を繰り返しているための[[分霊|勧請]]も絡んでいて、創建時期の特定は困難である<ref name="tetsugaku">[http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/AN00150430-00000128-0447.pdf?file_id=63866 「山岳信仰の展開と変容 -鳥海山の歴史民俗学的考察」鈴木正(『哲学』第128集、三田哲學會、2012年3月)]</ref>。鳥海山の登山口は、主要なものだけで矢島、小滝、吹浦、蕨岡の4ヶ所([[鳥海修験]] も参照のこと)があり、各登山口ごとに異なる伝承が伝わるうえに、登山口ごとに信徒が一定の勢力を構成して、互いに反目競争することも多かったため、それらの伝承が歪められることも多く、定説をみない状況である<ref name="tetsugaku" />。
 
==== 吹浦の伝承 ====
* 安斎 徹・橋本賢助・阿部正巳 『山形郷土研究叢書第7巻 名勝鳥海山』 [[国書刊行会|㈱国書刊行会]] 1982年11月 (山形県郷土研究会 昭和6年刊の複製)
* 姉崎岩蔵 『鳥海山史』 ㈱国書刊行会 1983年12月
* [[鈴木正崇]]「山岳信仰の展開と変容 -鳥海山の歴史民俗学的考察」『哲学』第128集、[[三田哲學會]]、[[慶應義塾大学]] 2012年3月
* [[谷川健一]] 編 『日本の神々 -神社と聖地- 12 東北・北海道』 [[白水社|㈱白水社]] 1984年6月
* 中世諸国一宮制研究会編 『中世諸国一宮制の基礎的研究』 ㈲岩田書院 2000年2月
4

回編集