「アルフォンス・ドゥ・カンドール」の版間の差分

→‎生涯: 内部リンク
m (ボット: 言語間リンク 15 件をウィキデータ上の (d:Q123807 に転記))
(→‎生涯: 内部リンク)
[[パリ]]で生まれた。父親は植物学者の[[オーギュスタン・ピラミュス・ドゥ・カンドール]]である。はじめ法律を学ぶが、徐々に植物学の分野に移り、最終的に父親の後を継いで、[[ジュネーブ大学]]の植物学の教授となった。息子のカシミール・ピラミュ・ドゥ・カンドール(Casimir Pyrame de Candolle)と改定を行った、植物カタログ"''Prodromus Systematis Naturalis Regni Vegetabilis''"を含む多くの植物学の著書がある。父親のオーギュスタン・ピラミュス・ドゥ・カンドールの仕事をもとに、植物の命名法の国際基準化の草案を作り、1867年の植物学会議において採用され、現在の国際藻類・菌類・植物命名規約の原型になった。
 
1859年に[[スウェーデン王立科学アカデミー]]の外国人会員に選ばれ、1889年に[[ロンドン・リンネ協会]]から、[[リンネ・メダル]]を受賞した。科学と宗教に関する著書があり、1885年に『科学と科学者の歴史』("''Histoire des sciences et des savants depuis deux siècles''")の中で、ヨーロッパにおける科学革命の進展は圧倒的にプロテスタント信仰を背景にする科学者によってもたらされたと主張した。
{{Botanist|A.DC. }}