メインメニューを開く

差分

 
=== 横浜・DeNA時代 ===
{{by|2009年}}、[[5月5日]]に初の一軍昇格。7日の対[[読売ジャイアンツ]]戦でプロ初登板、初先発。6回2/3を6被安打、奪三振4、自責点1に抑えたが、チームが8回に逆転され、初登板初勝利はならなかった。なお、この試合では[[細山田武史]]との新人バッテリーで先発したが、これは横浜では{{by|1989年}}[[10月16日]]に[[谷繁元信]]と[[石井琢朗|石井忠徳]]が組んで以来であった<ref>{{Wayback |url=http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20090508-OHT1T00027.htm |title=藤江逃した!初登板初勝利ならず…横浜|date=20090510225952 }} - スポーツ報知(2009年5月8日)</ref>。二軍ファームチームの[[横浜DeNAベイスターズ (ファーム)|湘南シーレックス]]では、[[イースタン・リーグ]]公式戦で[[防御率]]1.97、勝利数9、[[勝率]].750の好成績残し、記録。リーグ[[NPB AWARDS|日本プロ野球コンベンション2009]]において、最優秀防御率投手賞]]・最多勝利投手賞・勝率第一1投手賞・優秀投手四冠受賞4タイトル獲得遂げた。
 
{{by|2010年}}、[[3月28日]]の対[[阪神タイガース]]戦で先発。5回1/3を3安打1失点に抑えてプロ、一軍での初勝利を挙げた。シーズン通算では、一軍公式戦で2勝3敗1[[ホールド]]を記録したが、防御率は7.52にとどまった
 
{{by|2011年}}、救援投手として一軍へ定着。公式戦47試合の登板で、3勝0敗、15ホールド、防御率1.58を記録した。
{{by|2012年}}、10月3日の[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]戦ではプロ初セーブを記録。10月7日、対巨人戦([[東京ドーム]])で10回裏に登板し、初球を[[矢野謙次]]にサヨナラ本塁打を打たれ、日本プロ野球史上25度目(24人目)の1球敗戦投手となり、同時にこの年チームの東京ドームにおける巨人戦未勝利を決定させている<ref>週刊ベースボール2012年10月22日号95ページ</ref>。
 
{{by|2012年}}、10月3日の[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]戦ではプロ初セーブを記録。10月7日、対巨人戦([[東京ドーム]])で10回裏に登板し、初球を[[矢野謙次]]にサヨナラ本塁打を打たれ、日本プロ野球史上25度目(24人目)の1球敗戦投手となり、同時にこの年チームの東京ドームにおける巨人戦未勝利を決定させている<ref>週刊ベースボール2012年10月22日号95ページ</ref>。一軍公式戦全体では、[[セットアッパー]]として、プロ入り後自己最多の52試合に登板。前述の1セーブに加えて、3勝5敗、チーム2位の21ホールドを記録した
{{by|2013年}}、投手キャプテンに就任するとともに、一軍公式戦25試合に登板。防御率1.27、WHIP0.88、被本塁打0という好成績を残した。
 
{{by|2013年}}、投手キャプテンに就任するとともしたが、公式戦の開幕出遅れた影響などで、一軍公式戦への登板数は前年から半減。しかし、25試合登板で、3勝1敗7ホールド、防御率1.27、WHIP0.88、被本塁打0という成績を残した。
 
{{by|2014年}}、一軍公式戦16試合で1勝1敗1[[ホールド]]を記録したが、[[10月3日]]に球団から[[戦力外通告]]を受けた<ref>[http://www.baystars.co.jp/news/2014/10/1003_03.php 2015年度選手契約について]DeNA球団公式サイト2014年10月3日配信</ref>。通告後は、[[12球団合同トライアウト]]への参加を見送る一方で、トライアウト翌日([[11月11日]])に[[東北楽天ゴールデンイーグルス]]秋季キャンプの入団テストへ参加。このテストに合格したため、終了後に入団契約を結んだ<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4744.html 山崎浩司選手・藤江均選手の入団会見] 東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。</ref>。背番号は'''98'''。なお、戦力外通告の直後から入団テストまでの間には、『[[プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達]]』([[TBSテレビ]]制作・全国ネットの特別番組)のスタッフが藤江一家に密着取材。[[12月30日]]の第11回放送で、取材の模様が紹介された<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4744.html 『プロ野球戦力外通告クビを宣告された男達 』2014年12月30日放送回 ] gooTV 2015年11月7日閲覧。</ref>。
 
{{by|2014年}}、一軍公式戦16試合で1勝1敗1[[ホールド]]を記録したが、[[10月3日]]に球団から[[戦力外通告]]を受けた<ref>[http://www.baystars.co.jp/news/2014/10/1003_03.php 2015年度選手契約について]DeNA球団公式サイト2014年10月3日配信</ref>。通告後は、[[12球団合同トライアウト]]への参加を見送る一方で、トライアウト翌日([[11月11日]])に[[東北楽天ゴールデンイーグルス]]秋季キャンプの入団テストへ参加。このテストに合格したため、終了後に入団契約を結んだ<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4744.html 山崎浩司選手・藤江均選手の入団会見] 東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。</ref>。背番号は'''98'''。なお、戦力外通告の直後から入団テストまでの間には、『[[プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達]]』([[TBSテレビ]]制作・全国ネットの特別番組)のスタッフが藤江一家に密着取材。[[12月30日]]の第11回放送で、取材の模様が紹介された<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/4744.html 『プロ野球戦力外通告クビを宣告された男達 』2014年12月30日放送回 ] gooTV 2015年11月7日閲覧。</ref>。
=== 楽天時代 ===
{{by|2015年}}、公式戦開幕直後の[[3月31日]]に移籍後初の出場選手登録。4月には一軍公式戦2試合に登板したが、いずれも失点を喫したため、[[4月16日|16日]]の登録抹消後は登板の機会がなかった。[[10月2日]]に球団から自身2度目の戦力外通告を受けた<ref>[http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/5744.html 来季の選手契約に関して]楽天球団公式サイト2015年10月2日配信</ref>が、他球団での現役続行を求めて、前年に見送った12球団合同トライアウト(11月10日に[[草薙球場]]で開催予定)への参加を表明している<ref>{{cite news|title=日本ハム鵜久森ら/12球団トライアウト参加者一覧|url =http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562569.html|newspaper=日刊スポーツ|date=2015-11-06}}</ref>。
匿名利用者