「ノート:比較優位」の版間の差分

編集上の改善意見
(編集上の改善意見)
==概念について==
この節の
<blockquote>機会費用とは、あるものを選んだ時に、放棄しなければいけない費用のこと。 比較優位は、機会費用を相手と比較することで、機会費用の低い方に特化すること。 比較優位は、自分の得意なものに特化することではない。</blockquote>
から
<blockquote>なお、上記の例や、リカードオリジナル表では、生産可能性フロンティアは直線になるが、実際には、企業や国レベルでは機会費用の違う(比の傾きの違う)主体の、無限の集まりなので、生産可能性フロンティアは曲線(扇形)になる。その場合、完全特化ではなく、部分特化となる。</blockquote>
までは記述が散漫で、導入部としてふさわしくない。この部分は、削除するか、すくなくとももっと簡潔にまとめる必要がある。[[利用者:TPP2015|TPP2015]]([[利用者‐会話:TPP2015|会話]]) 2015年11月7日 (土) 11:48 (UTC)
 
== 失業に関する記述、問題点・歴史的背景の節について ==
 
15

回編集