「比較優位」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
という形の積をいう。ここで、σは、{1, 2, ... , ''N''}の[[置換]]である。3国3財の場合、置換の数は全部で6個ある。上記ジョーンズの数値例では、A→1、B→3、C→2という特化パタンが唯一実現可能な完全特化パタンである。
 
労働のみが投入される経済では、ジョーンズの条件により特化パタンが定まるが、投入財が貿易される場合、比較優位の概念は定義ができない。ディアドルフは、いくつもの定義を与えているが、どれも完全なものではない<ref name="Deardorff">{{Cite journal||last=|first=|author=Alan V. Deardorff|authorlink=|coauthors=|date=2005-11|year=|month=|title=How Robust is Comparative Advantage?|journal=Review of International Economics|volume=13|issue=5|page=|pages=1004–1016|publisher=John Wiley & Sons|location=|doi=10.1111/j.1467-9396.2005.00552.x|pmid=|pmc=|naid=|oclc=|issn=0953-8259|isbn=|id=|url=http://fordschool.umich.edu/rsie/workingpapers/Papers526-550/r537.pdf|format=PDF|accessdate=|quote=}}</ref>。これは、きわめて不充分な理論状況である。イギリスの産業革命は綿花の輸入によって可能になったし、日本は、幕末開国以来、加工貿易が基本であった。マッケンジーは1956年の論文<ref>Lionel W. McKenzie, Specialization in Production and the Production Possibility Locus, ''Review of Economic Studies'' '''23'''(3): 56-64, 1956.</ref>で、「特化に関する古典的扱いの基本的な誤謬は、... 中間財貿易を無視したことである」(同所、p.56)と指摘しているが、[[塩沢由典]]の研究<ref name="Shiozawa_pShiozawa">{{Cite journal||last=|first=|author=Yoshinori Shiozawa([[塩沢由典]])|authorlink=|coauthors=|date=2007-3|year=|month=|title=A New Construction of Ricardian Trade Theory / a many-country, many-commodity case with intermediate goods and choice of production techniques|journal=Evolutionary and Institutional Economics Review,|volume=3|issue=2|page=|pages=141–187|publisher=[[進化経済学会]]|location=|doi=|pmid=|pmc=|naid=|oclc=|issn=|isbn=|id=|url=http://www.researchgate.net/profile/Yoshinori_Shiozawa/publication/233943493_A_New_Construction_of_Ricardian_Trade_Theory--A_Many-country_Many-commodity_Case_with_Intermediate_Goods_and_Choice_of_Production_Techniques/links/0c960515bf6c44d570000000|format=PDF|accessdate=|quote=}}</ref>に至るまで、大きな進展はなかった。[[:en:Ronald Jones|R.ジョーンズ]]が[[1961年]]は[[論文]]<ref name="Ronald" />でこの問題に取り組んでいるが、投入係数がどの国でも同一の場合しか定式化できなかった。
 
塩沢の貿易理論(国際価値論)は、多数国多数財で技術選択と中間財貿易が存在する場合にたいし、古典派価値論と同様の理論が成立することを示した<ref name="Cassey">{{Cite journal||last=|first=|author=Andrew J. Cassey|authorlink=|coauthors=|date=2011-11-22|year=|month=|title=An Application of the Ricardian Trade Model with Trade Costs|journal=Applied Economics Letters|volume=19|issue=13|page=|pages=1227–1230|publisher=Taylor & Francis|location=|doi=10.1080/13504851.2011.617871|pmid=|pmc=|naid=|oclc=|issn=|isbn=|id=|url=http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13504851.2011.617871|format=|accessdate=|quote=}}</ref>。『リカード貿易問題の最終解決』<ref name="Shiozawa_p">{{Cite book|1=和書|last=|first=|author=Yoshinori Shiozawa([[塩沢由典]])|authorlink=|last1=|first1=|author1=|authorlink1=|last2=|first2=|author2=|authorlink2=|last3=|first3=|author3=|authorlink3=|last4=|first4=|author4=|authorlink4=|coauthors=|translator=|editor=|others=|title=リカード貿易問題の最終解決 国際価値論の復権|origdate=|origyear=|url=http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/X/0255690.html|format=|accessdate=|edition=|date=2014-3-27|year=|publisher=[[岩波書店]]|location=|series=|language=|id=|isbn=978-4-00-025569-1|ncid=|naid=|oclc=|doi=|asin=|lcc=|volume=|page=|pages=|chapter=|chapterurl=|quote=|ref=}}</ref>は、2007年論文を概念的に整理し、正則領域における国際価値(各国の賃金率と世界共通の財の価格)が一義的に定まることを基本定理として示している。第4章では、リカードから[[ポール・クルーグマン]]の新貿易論、[[:en:Marc Melitz|マーク・メリッツ]]の新々貿易論に至るまでの貿易論の歴史を詳しく解説している。
:比較優位論は、貿易開始ないし自由化により、貿易の利益および不利益が各経済主体にどのように作用するかを明らかにする。塩沢由典は、中間財の貿易を含むM国N財の一般的モデルにおいて、雇用されている労働者にとって実質賃金の上昇という貿易の利益を生むが、世界最終需要が増大しないかぎり、短期的には貿易自由化が失業と廃業とを生むことを示している<ref>Shiozawa, Y. (2007). A New Construction of Ricardian Trade Theory, A Many-country, Many-commodity Case with Intermediate Goods and Choice of Production Techniques. ''Evolutionary and Institutional Economics Review'', 3(2), 141-187.Section 4. Gains from Trade and Origins of Trade Conflicts</ref>。従って、貿易の利益は国家(国民)がどのような事態を望ましいと考えるかに依存する。
 
しかし、塩沢は、供給されたものが需要されなければならないという、実際にはあり得ない想定をしている。リカードの比較優位では、生産量=消費量だったものが、生産量<消費量になるが、生産されたものをすべて消費しなくても、生産量<消費量は達成できる。つまり、同じ時間だけ生産しても、世界の消費量が増え、それらを強制消費するものではない。余らせても生産量<消費量になるのである。
 
また、失業が生じるというが、保護貿易(関税や数量制限)だろうが自由貿易だろうが、比較優位現象は生じているので、「貿易自由化で失業増」というのは、理論的にも実証的にもあり得ない。
15

回編集