「貿易摩擦」の版間の差分

概説/ 貿易摩擦の主要な形態として輸入急増からおこる問題を追加
(概説/ 貿易摩擦の主要な形態として輸入急増からおこる問題を追加)
{{国際通商}}
'''貿易摩擦'''(ぼうえきまさつ)とは、特定国に対する[[輸出]]・[[輸入]]の極端急速偏り変化から起きる問題のこと。特定商品(たとえば、繊維や自動車)の競争力の差から、輸入が急増すると同時に国内の同産業に減産・失業・倒産などが起こることのほか、貿易相手国との経常収支の不均衡が国内経済に悪影響を及ぼすと信じられることから両国間に摩擦が生じることなどをいう。広義には、[[投資]]摩擦を含めて論じられることもある。
 
== 解説 ==
15

回編集