「貿易摩擦」の版間の差分

(→‎解説: 説明部分と歴史事実の説明とを分離した。)
*1980年代のカラーテレビやVTRをはじめとする電化製品・自動車・半導体
*1990年代のハイテク製品
 
===米中貿易摩擦===
米中の間では、貿易・投資における障壁、中国の最恵国待遇(MFN)、中国のWTO加盟、といった問題を中心に摩擦が激化してきている<ref>関志雄(2002)「日米貿易摩擦から日中貿易摩擦へ― 歴史から学ぶべき教訓 ―」独立行政法人経済産業研究所 http://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/020115ntyu.htm</ref>。
 
===日中貿易摩擦===
日本の貿易摩擦の中心も、米国から中国へとシフトしつつある。その背景として、対中貿易赤字の拡大に加え、躍進している中国に職と市場が奪われるのではないかという国民の恐怖感も挙げられる。現に、日本は2001年4月23日から11月8日までの200日間、主に中国から輸入しているネギ、生しいたけ、畳表の農産物3品目に対する[[緊急輸入制限|セーフガード(緊急輸入制限措置)]]の暫定措置を初めて発動した。<ref>関志雄(2002)「日米貿易摩擦から日中貿易摩擦へ― 歴史から学ぶべき教訓 ―」独立行政法人経済産業研究所 http://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/020115ntyu.htm</ref>
[[日本]]では2001年に、[[ネギ]]、[[シイタケ|生シイタケ]]、[[畳]]の[[イグサ|イ草]]の3品目について[[中華人民共和国|中国]]からの輸入量が急増したため、[[緊急輸入制限|セーフガード(緊急輸入制限措置)]]が発動された。
 
===米独貿易摩擦===
15

回編集