メインメニューを開く

差分

[[1987年]]、[[大韓航空機爆破事件]]を受けて[[朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮]]の拉致に疑惑を感じ、調査を始める。
 
[[1988年]](昭和63年)3月26日、[[参議院]][[予算委員会]]において日本人拉致問題に関する質問をして[[国家公安委員会委員長]][[梶山静六]]から北朝鮮による関与が濃厚とする[[日本国政府|政府]]答弁を初めて引き出す<ref>[http://www.jcp.or.jp/activ/active60-ratimondai/1988-0326.html 参議院予算委員会での橋本敦議員の質問(抜粋)] 日本共産党 2015年5月11日閲覧</ref>(失踪問題を国会で初めて取り上げたのは1980年、[[公明党]]の[[和泉照雄]]。北朝鮮拉致問題を国会で初めて取り上げたのは1988年1月の[[民社党]][[民社党#歴代民社党中央執行委員長一覧|中央執行委員長]][[塚本三郎]])。拉致被害者の著書などでもこの答弁を引き出した橋本敦の存在は大きい。[[1997年]]、再び拉致問題を参議院[[法務委員会]]で質問する。[[2002年]]、かつての秘書[[兵本達吉]]から「拉致事件の解明を妨害してきた張本人」だと非難されるが橋本はこれに反論した(後述)。
 
参議院議員として4期24年を勤め上げ、1998年の[[第18回参議院議員通常選挙]]に立候補せず議員生活を終える。引退直後に参議院から永年在職表彰を受けた。現在は[[大阪府]]在住で、北大阪総合法律事務所にて弁護士活動をしている。
6,162

回編集