メインメニューを開く

差分

→‎最終ボス: タイプミスを修正
一定条件を満たすとどちらかが出現することがある。
 
; [[豪鬼#神・豪鬼|シン神人豪鬼]]<ref name="shingouki">シンの表記は「神」「人」を上下に並べた1文字を用いるが、これは[[文字コード#外字|外字]]で、漢字としては実在しない。簡略的に「神人」と並べたり(特に雑誌など縦書きの媒体で多い)、単に「神豪鬼」と表記することが多い。</ref>
: 声 - 西村知道
: ルガールにより暗黒パワーを注ぎ込まれた豪鬼。本作オリジナルキャラクターだが、後に『[[CAPCOM FIGHTING Jam]]』にも登場。使用する技そのものはスーパーコンボが追加されている程度だが、技の性能や攻撃力が桁違いに上昇している。「百鬼襲」が削除され、代わりにカウンター技の「天魔朱裂刀」を持つ。プレイヤーキャラクターとして使うと全キャラクター中で最低の防御力・体力とハイリスクでバランスが取られているが、ボスとして登場する[[ノンプレイヤーキャラクター#RPG以外のゲームにおけるNPC|CPU]]キャラクターはそれがない上に攻撃力が1.5倍になっており、さらに気絶しても起き上がると同時にすぐに回復する(ゴッドルガールも同様)。背中に浮かび上がる文字も「天」から「神人<ref name="shingouki" />」に変化している。
: 声 - 新居利光
: 豪鬼の殺意の波動を取り入れたルガール。本作オリジナルキャラクター。自分本来の技に加え「阿修羅閃空」「[[瞬獄殺]]」を体現した技を使うようになる。「ラストジャッジメント」(「瞬獄殺」のアレンジ技)の際、形こそ違うものの同じように背中を向けるポーズを取るが、豪鬼と違って文字は浮かび上がらない。その代わり勝利ポーズでYシャツを破く際、胸に「天」の文字のようなものが見られる。
:シン神人豪鬼と同様にプレイヤーキャラクターとして使うと、シン神人豪鬼ほどではないが低い防御力・体力とハイリスクでバランスが取られている。またCPUキャラクターにはシン神人豪鬼と同様にデメリットがなく、攻撃力が1.5倍になっているほか、防御力も上昇している。なお「ジェノサイドカッター」を超反応で出す上、無敵判定が付加されたが、その持続時間は初登場した『ザ・キング・オブ・ファイターズ'94』程長くはない。
: 声優は変わっていないが声に[[エコー (音響機器)|エコー]]が掛かっているため声質が大幅に変わっている。
 
94

回編集