「エンゲルベルト・ドルフース」の版間の差分

編集の要約なし
[[1934年]][[7月25日]]、8名のオーストリア・ナチス党員が首相官邸に押し入りドルフースを射殺し[[クーデター]]を試みた。それは[[アンシュルス|オーストリアのドイツへの併合]]の前兆だった。実行犯は降伏し、処刑された。[[クルト・シュシュニック]]がドルフースに続いて新しい独裁者となった。
 
{{start box}}
{{commonscat|Engelbert Dollfuß}}
{{s-off}}
{{先代次代|[[連邦首相 (オーストリア)|オーストリア連邦首相]]|[[1932年]] - [[1934年]]|[[カール・ブレシュ]]|[[クルト・シュシュニック]]}}
{{Succession box
| title = {{AUT1918}}[[連邦首相 (オーストリア)|連邦首相]]
| years = 第14代:1932年 - 1934年
| before = [[カール・ブレシュ]]
| after = [[クルト・シュシュニック]]
}}
{{end box}}
 
{{commonscat|Engelbert Dollfuß}}
{{DEFAULTSORT:とるふす えんけるへると}}
[[Category:オーストリアの首相]]