「月軌道ランデブー」の版間の差分

翻訳直後なので、修正テンプレートではなく翻訳直後テンプレートにて版指定の必要あり
(不適切な翻訳)
(翻訳直後なので、修正テンプレートではなく翻訳直後テンプレートにて版指定の必要あり)
[[Image:Apollo 11 lunar module.jpg|right|thumb|[[アポロ11号]] 月着陸船が月の軌道上で司令・機械船とランデブーをしている様子]]
{{翻訳直後|1=[https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Lunar_orbit_rendezvous&oldid=672364963 英語版 "Lunar orbit rendezvous" 02:23, 21 July 2015 (UTC)]|date=2015年11月}}
{{修正2|4|date=2015年11月}}
'''月軌道ランデブー'''は有人で月着陸し、地球に帰ってくるための構想概念であり、[[アポロ計画]]で1960年代と1970年代に初めて実用化された。月軌道ランデブーの計画では、[[アポロ司令・機械船]]のようなメインの[[宇宙船]]とそれに比べて小さい[[アポロ月着陸船]]のような月着陸船が一緒になって[[月軌道]]に入る。それからメインの宇宙船が月軌道にいる間に、月着陸船は独立して月表面に降りていく。 月での計画が完了した後、月着陸船は[[ランデブー]]するために月軌道に戻り、再びメインの宇宙船と[[ドッキング]]し、それから乗組員と観測機器を移動させた後、捨てられる。メインの宇宙船だけが地球に戻ってくる。