「高英」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 生涯 ==
高偃と王氏(武邑君)のあいだの娘として生まれた。[[503年]]([[景明]]4年)、宣武帝の後宮に入って貴嬪(妃)となった。皇子を生んだが、その子は夭逝した。また、建徳公主を生んだ。[[508507]]([[正始 (北魏)|正始]]5年)、皇后に立てられた。[[515年]]([[延昌 (北魏)|延昌]]4年)、[[孝明帝]]が即位すると)10月、[[|皇后于氏]]となった。まもなく出家は急死て尼となり瑤光寺に住持して、慶事世間は高英大節以外仕業で宮中に入らと噂した。[[518]]([[神亀 (北魏)|神亀508年]]元年)9月24日急死し高英は皇后に立てられた。
 
[[515年]]([[延昌 (北魏)|延昌]]4年)、[[孝明帝]]が即位すると、[[皇太后]]となった。まもなく出家して尼僧となり、瑤光寺に住持して、慶事の大節以外は宮中に入らなかった。[[518年]]([[神亀 (北魏)|神亀]]元年)9月24日、急死した。
 
== 子女 ==
* 男子 (夭折)
* 建徳公主
 
== 伝記資料 ==