「ハマト・ガデル」の版間の差分

翻訳元の記事に要出典が付けられている文をコメントアウトする
(翻訳元の記事にいくつか出典が付記されているのでen:Hamat Gader(12:32, 7 November 2015‎)History節のModern history節を除く部分を訳する)
(翻訳元の記事に要出典が付けられている文をコメントアウトする)
[[画像:Hot springs in Hamat Gader.jpg|right|thumb|300px180px|日中のハマト・ガデル]]
[[画像:Hamat gader at night.jpg|right|thumb|300px180px|夜間のハマト・ガデル]]
'''ハマト・ガデル'''([[ヘブライ語]]:'''חמת גדר''')は[[イスラエル]]の[[ティベリアス湖]]に近い[[ヤルムーク川]]にある温泉保養地。イスラエル、ヨルダン、[[シリア]]の国境が交わる地点に位置し、イスラエル領となっている<ref name="c-jiten">宇野「ハマットガデル」『世界地名大事典』3、770頁</ref>。その名『ガダラの温泉』は50℃以下の鉱物泉が複数あることに由来する。[[ガダラ]]は現在の[[ヨルダン]]領[[ウンム・カイス]]([[:en:Umm Qais|Umm Qais]])であり、ここから4kmの距離にある。[[アラビア語]]では「温泉」を意味する「ハンマ(al-Hanma)」と呼ばれている<ref name="c-jiten"/>
 
<!-- ハマト・ガデルの古名は現地語の地名『エル・ハンマ』([[アラビア語]]:الحمّـة、[[ヘブライ語]]:אל חמה)に残り、近くの小山の名称テル・バニは『浴場』を意味する[[ギリシア語]]が訛ったもの。 -->
ハマト・ガデルはイスラエル、ヨルダン、[[シリア]]の国境地帯に位置する<ref>グーグルアース上ではヨルダン領に位置するが、英語原文ではイスラエル側の資料を参照しイスラエルの温泉として紹介している。日本語版のカテゴリー分類では便宜上現在の温泉・行楽施設をイスラエル、その他遺跡をヨルダンとする。</ref>。
 
ハマト・ガデルの古名は現地語の地名『エル・ハンマ』([[アラビア語]]:الحمّـة、[[ヘブライ語]]:אל חמה)に残り、近くの小山の名称テル・バニは『浴場』を意味する[[ギリシア語]]が訛ったもの。
 
==歴史==
===古代・中世===
[[ローマ帝国]]時代には既にハマト・ガデルは保養地として広く知られていた。<ref>{{cite journal|last1=Hirschfeld|first1=Yizhar|title=The History and Town-Plan of Ancient Ḥammat Gādẹ̄r|journal=Zeitschrift des Deutschen Palästina-Vereins|date=1987|volume=103|pages=101-116|url=http://www.jstor.org/stable/27931308|accessdate=28 May 2015}}</ref>温泉の存在は[[ストラボン]]<ref>''Geog''. XVI, 45.</ref>、[[オリゲネス]]<ref>Commentary on St. John, VI, 41, 210</ref>、{{仮リンク|エウナピオス|en|Eunapius}}<ref name=EANE>''Vit. Soph.'' 368-370. {{cite encyclopedia| first = Zvi Uri | last = Ma'oz | encyclopedia = The Oxford Encyclopedia of Archaeology in the Near East | contribution = HAMMATH-GADER | date = 1997 | isbn = 0195112156 | page = 468}}</ref>らによって言及され、[[1世紀|紀元1世紀]]の[[ラビ文学]]でも言及さハマト・ガデルについて触れられている。
 
[[2世紀]]にガダラの町に駐屯する{{仮リンク|第10軍団フレテンシス|en|Legio X Fretensis|label=ローマ第10軍団}}によって公衆浴場が建設される。公衆浴場の跡地から建設期間は2つに分かれていることが明らかになっている。ローマ帝国・[[東ローマ帝国]]の時代に公衆浴場の大部分が建設され、イスラム勢力の支配期には既存の建設物に大幅な変更が加えられる。<ref>[http://www.hamat-gader.com/hamatInfo.php?subjId=history&linkOrder=9&subLink=18 Hamat Gader Information Site]{{リンク切れ|date=2015年11月}}</ref>
 
遺跡に含まれる[[ローマ劇場]]は3世紀に建設されたもので、2,000の客席を有する。大[[シナゴーグ]]は[[5世紀]]に建立されたものである。.<ref>Eleazar Sukenik, "The ancient synagogue at Hamat Gader" (in Qobes, Jewish Palestine Exploration Society, 1934), pp. 41-61</ref>
 
[[7世紀]]に発生した地震によっていくつかの建物が破損するが<ref name="c-jiten"/>、[[633年]]に[[ダマスカス]]の[[ウマイヤ朝]]の[[カリフ]]によって修復された。1世紀後の[[749年]]に[[ガラリヤ]]で発生した地震の被害を受ける。最終的に浴場は[[9世紀]]に放棄され、遺跡の跡地は厚い[[シルト]]の層に覆われた。
 
===近現代===
この一件は『エル・ハンマ事件』(ヘブライ語:תקרית אל-חמה)と呼ばれる。-->
 
[[1967年]]の[[6日間戦争]]中に[[イスラエル国防軍|イスラエル軍]]が[[ゴラン高原]]を制圧するとイスラエル人が自由にこの地に出入できるようになり、行楽地としての開発がすすんだ。健康リゾートの開設は[[1977年]]に温泉保養施設ことである建設が開始され、ヘブライ語のハマト・ガデルに改称された<ref>[http://www.hamat name="c-gader.comjiten"/hamatInfo.php?subjId=todayProfile&linkOrder=9&subLink=20 Hamat Gader in the 20th Century]</ref>。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考資料文献 ==
* 宇野昌樹「ハマットガデル」『世界地名大事典』3収録(朝倉書店, 2012年11月)
 
==外部リンク==
*[http://nakba-online.tripod.com/Al-Hamma.htm Al-Hamma]
 
==参考資料==
 
{{reflist}}
{{DEFAULTSORT:はまとかてる}}
[[Category:温泉地]]