「FLAC」の版間の差分

→‎概要: 仕様としてサポートされている量子化ビット数及びサンプリング周波数の参照元を変更し,正しい値に修正.
(→‎概要: 仕様としてサポートされている量子化ビット数及びサンプリング周波数の参照元を変更し,正しい値に修正.)
 
== 概要 ==
[[可逆圧縮]]であるため、元の音声データからの音質の[[劣化]]が無いとされている。[[2015年]]現在、[[Ogg|Oggプロジェクト]]の可逆圧縮[[コーデック]]として採用されている。通常のFLACファイル (.flac/.fla) だけでなく、[[Ogg]]ファイル (.oga/.ogg) や[[Matroska]]ファイル (.mkv/.mka) などの[[コンテナフォーマット|メディアコンテナ]]に格納することもできる。
 
一部の変換ソフトには、無圧縮形式に変換可能なFLAC Uncompressedというオプションが用意されている。
 
[[ビット深度 (音響機器)|量子化ビット数]]は'''8bit - 24bit32bit'''<ref>32bit[[浮動小数点]]ストリームはサポートしていない。浮動小数点ストリームに関しては、[https://xiph.org/flac/faq.html#general__samples_fp 将来的な対応の予定もないことが明言]されている。</ref>、[[サンプリング周波数]]は'''8kHz1Hz - 192kHz655,350Hz'''、チャンネル数は'''1ch - 8ch'''<ref>ただし、[[サラウンド]]などのマルチチャネル・マッピング方式への対応は限定的で、2.1ch/3.1chなどはサポートされていない(仕様上は将来的な拡張が可能)。<!--対応していないマルチチャネル・マッピング方式に対しては、[https://xiph.org/flac/faq.html#general__channels チャンネル毎に個別のファイルにエンコードし、各種メディアコンテナで多重化することを推奨]している。--></ref>をサポートしている<ref>[https://xiph.org/flac/format.html#frame_headermetadata_block_streaminfo FLAC - format]</ref>。
 
[[オープンソース]]として開発されており、[[ライセンス]]に関しては以前は[[GNU General Public License|GPL]]が適用されていたが、Oggプロジェクトに加わった際にコアライブラリは修正版[[BSDライセンス]]へ変更された。
匿名利用者