「カルロ・キティ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 7 件をウィキデータ上の (d:Q1042048 に転記))
編集の要約なし
'''カルロ・キティ'''(''Carlo Chiti'' 、[[1924年]] - [[1994年]])は[[イタリア]]・[[ピストイア]]出身の[[レーシングカー]]および[[エンジン]]設計者。[[アルファロメオ]]のレース部門と長くかかわったことで知られる。
 
== 経歴 ==
=== フェラーリ時代 ===
キティは[[1953年]]にイタリアの[[ピサ大学]]で[[航空工学]]の学位を取得した。アルファロメオに入社し、[[1950年代]]末にアルファロメオのレース部門が閉鎖された後は[[フェラーリ]]に移籍した。フェラーリでは[[フェラーリ・156F1|156F1]](通称:シャークノーズ)の設計にかかわり、その車で[[フィル・ヒル]]が[[1961年]]のF1ドライバーズチャンピオンとなった。
 
=== アウトデルタ時代 ===
[[ファイル:Brabham BT46B Fan car.jpg|right|220px|thumb|[[ブラバム・BT46|ブラバムBT46B]](1978年)]]
[[ファイル:2005 Brands Hatch A1GP 25 Sept Rodrigo Gallego Minardi F1 185.jpg|right|220px|thumb|ミナルディM185(1985年)]]
また、キティのエンジンを使用することをアルファロメオと合意した[[ブラバム]]において,再び[[フォーミュラ1]]に関わることになる。[[1978年]]のシーズンではアルファロメオのエンジンを積んだ[[ブラバム・BT46|BT46]]が2勝を挙げている。
 
ブラバムのデザイナー、[[ゴードン・マレー]]は[[グラウンド・エフェクト・カー|グラウンド・エフェクト]]を引き出すために[[V型12気筒|V12]]エンジンを開発するようキティを説得した。[[1979年]]のシーズンとその後のキティの説得により、アウトデルタはアルファロメオの替わりにフォーミュラ1車両を開発する許可を得た。これにより、シーズン終了前にブラバムとのパートナーシップは終わりを迎えた。アルファロメオのフォーミュラ1プロジェクトは成功を見なかった。
 
=== モトーリ・モデルニ時代 ===
[[Category:イタリアの自動車技術者]]
[[Category:F1関係者]]
[[Category:アルファロメオの人物]]
[[Category:フェラーリの人物]]
[[Category:トスカーナ州出身の人物]]
23,380

回編集