「三囲神社」の版間の差分

倉稲魂命([[ウカノミタマ|宇迦之御魂神]])を祀る。旧[[村社]](現在はかつての小梅村にあたる地区にあるが、旧地は須崎村にあったと推測されている)。元、田中稲荷と称した。創立年代は不詳。伝によれば、[[近江国]][[園城寺|三井寺]]の[[僧]][[源慶]]が当地に遍歴して来た時、小さな祠のいわれを聞き、社壇の改築をしようと掘ったところ、壺が出土した。その中に、右手に宝珠を、左手にイネを持ち、白狐に跨った老爺の[[神像]]があった。このとき、白狐がどこからともなく現れ、その神像の回りを3回回って死んだ。三囲の名称はここに由来するという。
 
[[元禄]]6年([[1693年]])、[[旱魃]]の時、俳人[[其角]]が偶然、当地に来て、地元の者の哀願によって、この神に雨乞いする者に代わって、「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」と一句を神前に奉ったところ、翌日、降雨を見た。このことからこの神社の名は広まり、京都[[松阪]]の豪商・三井氏が[[江戸]]に進出すると、その[[守護神]]として崇め、[[後屋]]の本支店に分霊を奉祀した。
 
本来は[[牛島神社]]の隣にあったが、洪水で一度流され、河岸に堤が築かれることになった際に南へ少し移動した<ref>[http://www.ne.jp/asahi/woodsorrel/kodai/sumida/index.html 隅田川少考]</ref>。その堤のために、対岸から見ると、鳥居が堤から奇妙に頭だけ出しているように見え、浮世絵などに好んで描かれた。