「柳寛順」の版間の差分

나라에 바칠 목숨이 오직 하나밖에 없는 것만이 이 소녀의 유일한 슬픔입니다.❞
|-
| ❝私の爪が切り取られて、私の耳と鼻が切られて
 
私の手と足が折れても、その痛みは耐えられるんですが、
匿名利用者