「速球」の版間の差分

編集の要約なし
ツーシーム・ファストボール(英: two-seam fastball)はボールを1周する間に縫い目 (seam) の線が2回 (two) 通過する向きで投じられた球である。省略して'''ツーシームファスト'''、'''ツーシーム'''とも呼ばれる。フォーシームと同様にツーシームも縫い目の向きを表す言葉だが、主に球種を表す言葉として用いられている。日本では2000年代になってフォーシーム・ファストボールと明確に区別されるようになった。
 
投げ方は基本的にフォーシームと同じだが、握った際のボールの向きはフォーシームを横に90度回転させた向きであり、バックスピンを掛けた時に縫い目が1周で2回通過するように握る。また、意図的に回転を少なくするために縫い目に指を掛けない投手もいる。このような握りから投げる事で指が掛かりにくくボールの回転数が低下し、フォーシームより若干沈む軌道になる<ref>高見圭太 宮嵜武 姫野龍太郎 [http://www.nagare.or.jp/download/noauth.html?d=28-4gencho4.pdf&dir=54 バックスピンする球体に働く負のマグナス力~飛翔実験による測定~] - 2009年</ref>。この変化により打者のバットの下面で打たせてゴロ打球を打たせ打ち取る事を目的とする。また、握りによりボールの進行方向左右に曲げることも可能であり、日本においては[[黒田博樹]]の「魔球」として話題になった、ツーシームにシュート方向の変化を与え、右投手対右打者の場合には外角のボールゾーンからストライクゾーンに入る「'''バックドア'''」、左投手対右打者の場合には内角ボールゾーンからストライクゾーンに入る「'''フロントドア'''」という攻め方がメジャーでは浸透しつつある<ref name="sr1102-fb">2010-11 MLB投手白書 球種別解説&データファイル 速球(4シーム&2シーム)『月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、9頁。</ref><ref group="注釈">日本でも[[東尾修]]や[[北別府学]]など、制球(コマンド)に自信があり、[[シュート (球種)|シュート]]と[[スライダー (球種)|スライダー]]などによる左右の揺さぶりを武器とする投手が、(右投手)右打者のインコースにスライダーに投げるフロントドア(インスラ)や左打者の外角ボールゾーンから内へ球を曲げるバックドア(外スラ)を投げる攻めもあったが、基本的には日本における配球論において失投によるリスクが大きいためタブーとされてきた。</ref>。
 
日本でいう[[シュート (球種)|シュート]]との違いは曖昧であり、[[吉井理人]]は、自分がMLB時代に投げていたツーシームは日本時代に投げていたシュートの呼び方を変えただけだと述べている<ref name="mlbhb">{{Cite book|和書|year=2010|title=メメジャー・リーグ変化球バイブル|publisher=ベースボール・マガジン社|id=ISBN 978-4-583-61678-0}}</ref>。しかし、1992年公開の[[アメリカ合衆国の映画|アメリカ映画]]「[[ミスター・ベースボール]]」の作中で[[ニューヨーク・ヤンキース]]から[[中日ドラゴンズ]]へ移籍した[[トム・セレック]]扮する強打者ジャック・エリオットが日本投手のシュートによって打ち取られるシーンがあり、その影響から稀に[[日本語]]発音をそのまま[[英語]]表記した"shuuto"(shootballとも)という名称が使われることもある。また、近年は[[ダルビッシュ有]]の奪三振率の高さから、アメリカの野球評論家の[[ジェイソン・パークス]]らはツーシームとは少し違うという意見もあり<ref>http://www.baseballprospectus.com/article.php?articleid=16647</ref><ref>http://www.beyondtheboxscore.com/2012/4/27/2978114/yu-darvishs-filthy-shuuto-from-tuesday-what-is-it</ref><ref group="注釈">リバーススライダーとよばれることもある。</ref>、"shuuto"に対する関心が増えている。
 
=== 落差 ===
球は重力により放物線を描くが、回転軸の傾きが少なく回転数の多いバックスピンをかけた球は[[マグヌス効果]]により上向きの揚力を持ち、放物線から離れた直線に近い軌道になる。打者は、投球がマウンドからホームプレートの投手側からおおよそ2分の1から3分の2ほど進んだ時点までの球の挙動を見て、他の投手などとの対戦で見てきた経験から軌道を予測し、それに合わせてバッティングを行うが、その予測よりも上を通過すると球が浮き上がったと錯覚する。<ref group="注釈">硬式球では160km/hで毎秒40回転以上の純粋なバックスピンが与えられた場合に実際に浮き上がる事が証明されている。</ref>
 
このような球を、「伸び」のある球と呼ぶ。また、直球においては球の「切れ(キレ)」も「伸び」と同義である。
 
=== 角度 ===
投手はその投法や身長・腕の長さにより打者に対して高低、または左右の角度を付けた球を投じることが出来る。角度が大きいと打者のフォームが崩れやすく、打ち難さを増す事が出来る。より大きい角度をつけるためには球持ちと同様に長身で手足が長い投手が体格的に有利で、高低差は[[オーバースロー]]かアンダースロー、左右の角度はサイドスローや投手板の立ち位置の左右<ref group="注釈">スライダー、「[[クロスファイア]]」の角度を生かしたい場合プレートの投げる腕側を使うと有効である。一方、シュートを生かしたい場合やクロスファイア―の角度が負担になる投手はプレートのグラブをはめる腕側を使うと効果的であるとされる。どちらが良いかは、投手の持ち球、投手にとっての投げやすさ、打者にとっての打ちにくさ、優先順位次第で変わる。</ref>を利用する投手が一般的に有利である。投げる腕と対角のコースを突く直球を[[クロスファイア]]と呼ぶ事が有る。前述の球持ちとは逆に、リリースポイントを敢えて早くすることで角度を大きくしようとすることもある。
 
=== 球質 ===
336

回編集