「クラーク・アシュトン・スミス」の版間の差分

編集の要約なし
1910年に地元紙『オーバーン・ジャーナル』に詩が売れて、同年から1912年にかけて、東洋を舞台にした4編の短編小説が『オウヴァーランド・マンスリー』『ブラック・キャット』各誌に掲載された。これにより招待された婦人クラブを通じてスターリングに紹介され、詩作について助言を得るようになる。さらにバウトウェル・ダンラップによりサンフランシスコ、次いで東海岸にも紹介される。この1912年に最初の詩集『星を踏み歩くもの (''Star-Treader and Other Poems'')』を出版。その後は両親の農作業を手伝いながら詩作を続け、1918年頃から絵画も描き始める。1918年に第二詩集『頌と十四行誌 (''Odes and Sonnets'')』、1922年、25年に第三、第四詩集を出版。1922年に、スミスの詩を読んだ[[ハワード・フィリップス・ラヴクラフト]]から手紙が届き、文通が始まり、1923年にラヴクラフトの「潜み住む恐怖」が連載されたときには挿絵を提供した。1923年に創刊された『[[ウィアード・テイルズ]]』誌の7・8月合併号にスミスの詩「邪悪の園」が掲載され、ラヴクラフトとともに同誌の人気作家となっていく。1923年4月から26年1月まで『オーバーン・ジャーナル』誌でコラムを連載して、収入も安定した。
 
ラブクラフトの薦めで幻想小説を書くようになり、1925年に最初の作品「ヨンドの忌むべきものども」を執筆。1929年以降に精力的に幻想小説を執筆し始め、1935年までに『[[ウィアード・テイルズ]]』を中心に、『アメージング・デテクティヴ・テイルズ』『[[ワンダー・ストーリーズ]]』などの[[パルプ雑誌・マガジン]]に約80編の作品を発表。後年にはラヴクラフト、[[ロバート・E・ハワード]]と並んで、『ウィアード・テイルズ』黄金時代を築いた御三家と称される。
 
1937年にラヴクラフトと父が相次いで亡くなった頃を機に小説の執筆は減り、代わって1934年頃始めた彫刻に熱を入れ始め、約200の作品を作った。彫刻作品には、[[ハイパーボリア (クトゥルフ神話)|ハイパーボリア]]やゾティークの世界と結びついたものもあったが、絵画や彫刻は商業的に成功することはなかった。1942年には[[オーガスト・ダーレス]]の手によって最初の短編集『時空の外に (''Out of Space and Time'')』をアーカム・ハウス社から出版。同社からは短編集4冊と詩集2冊が出版された。
 
== 作品 ==
連作ものとして、超未来の大陸ゾティーク、[[ギリシ神話]]を基にした古代の大陸ハイパーボレア、[[アトランティス]](ポセイドニス)もの、中世フランスを舞台にするアヴェロワーニュ(''Averoigne'')などがあり、他に[[ムー大陸]]や[[レムリア]]を扱った作品もある。1929年9月からの4か月に、アトランティス連作の第一作「最後の呪文」、アヴェロワーニュの第一作「物語の結末」、ハイパーボリアの第一作「サタムプラ・ゼイロスの話」が書かれている。この頃から「黒の書」(''The Black Book'')と呼ばれる黒革の手帳に小説の構想や覚書を書きとめていたことが知られており、1979年に翻刻された。
 
1950年代になってダイジェストサイズの雑誌でスミスの作品が再録されるようになり、スミスの名文家としての名声は高まった。ラブクラフトやハワードとの親交も厚く、『魔神ツァソグアの神殿』や『魔道士エイボン』、『ウボ=サスラ』などの[[クトゥルフ神話]]作品も執筆している。ベックフォードの影響による、性愛を基調とする極めて視覚的な耽美世界を創出した。