「嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[鉄道の電化|電化]]・[[複線化]]のため、[[1989年]]([[平成]]元年)にルートが変更された[[山陰本線]]の[[嵯峨嵐山駅]] - [[馬堀駅]]間の旧線を活用して、[[1991年]](平成3年)から[[トロッコ列車]]が運行されている。
 
開業のきっかけは、京都府の「旧山陰本線の廃線を京都の新しい[[観光資源]]として活用できないか」という打診だった<ref name="sankei2">[http://www.sankei.com/west/news/150113/wst1501130004-n2.html 外国人観光客の〝ドル箱〟ツアーになった京都・トロッコ列車  USJから流入…2年連続100万人突破の秘訣[2]] - 産経WEST([[産経新聞]])2015年1月13日</ref>。[[1990年]](平成2年)11月に正式に開業が決まり、開業期日が翌年[[1991年]](平成3年)4月に設定され、トロッコ列車の運行が[[運輸省]](現[[国土交通省]])から認可されたが、線路はすっかりさび付き、[[雑草]]は伸び放題で列車を走らせるのが大変な状態から短期間で準備を行うことになった<ref name="sankei2"/>。社員たちは線路や[[枕木]]を取り換え草刈りを行い、客車も木材などを運んでいた[[貨車]]を[[レトロ]]風のトロッコ列車に改造したり、当時の社長達が中心になって[[サクラ|桜]]の[[植樹]]といった環境整備に務めた<ref name="sankei2"/>。
 
当初、年間利用者数は23万人程度と見込まれていた<ref name="sankei2"/>。[[需要予測]]では、それほど乗客はいないか、あっても物珍しさのある開業後数年間だけで、早晩今日のローカル線のような状況になると考えられていた。
 
開業初年度の利用者は予想の3倍となる69万人超という好成績を記録し、その後も右肩上がりに乗客数を伸ばして<ref name="sankei2"/>、開業前の悲観的な予想は大きく覆った。風光明媚な山陰本線旧線を走るということや、[[嵐山]]・[[嵯峨野]]といった有名観光地がそばにあったこと、[[保津峡#保津川下り|保津川下り]]と周遊できることや、さらに観光客を魅せる沿線作り、何よりユニークな車内放送や案内などを駆使した嵯峨野観光鉄道従業員の努力も相俟って、いつの間にか「嵐山の観光といえばトロッコ列車」といわれるほどメジャーなものとなり、乗客数は年間(冬期の2か月は休止)100万人程の乗客を集めるようになり、2009年(平成21年)には累計乗客数が1500万人を突破した。社員たちは日本国外にも積極的な営業活動を行った結果、[[台湾]]を中心に成果が出ており[[2010年代]]は外国人団体客の利用も目立ち、[[ツアー]]に組み込まれることが増えて定番化しつつある<ref name="sankei3">[http://www.sankei.com/west/news/150113/wst1501130004-n3.html 外国人観光客の〝ドル箱〟ツアーになった京都・トロッコ列車  USJから流入…2年連続100万人突破の秘訣[3]] - 産経WEST([[産経新聞]])2015年1月13日</ref>。
 
[[保津峡]]に沿った風光明媚な区間を走る。車窓からは春には嵯峨野観光鉄道社員が植えた[[サクラ|]]、秋には[[紅葉]]が見られる。亀岡への往路に嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車、復路に保津川下りの船と組み合わせて乗る観光客も見られ、そのため春・秋の観光シーズンでも亀岡から嵯峨方向の列車の方が比較的予約しやすい。
 
<gallery>
ファイル:嵯峨野観光線の車窓から.JPG|車窓から見た[[桂川 (淀川水系)|保津川]]
ファイル:嵯峨野観光線の車窓から (山陰本線).JPG|車窓から見た[[西日本旅客鉄道|JR]][[山陰本線]]
ファイル:嵯峨野観光線の車窓から (山陰本線保津峡駅).JPG|車窓から見た山陰本線[[保津峡駅]]
</gallery>