「コジマ・KE007」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (意味的に適切な方へリンクを付け替え(シャーシシャシ (自動車)))
m
フロントはタイヤの空気抵抗を減らすスポーツカーノーズを採用。シャーシ側のインナーノーズの上に分離式のノーズカウルを被せる二重構造になっており、カウルの位置や角度をずらして[[ダウンフォース]]を調節することができた<ref>『F1 MODELING-1976富士F1グランプリ 』、p79。</ref>。本戦ではノーズ先端に[[エアロパーツ|リップスポイラー]]を追加した。
 
コクピットを囲むセンターカウルの両脇には、[[フェラーリ・312T|フェラーリ・312T2]]を意識した<ref name="Modelp75"/>エンジン吸気用の[[ラムエアインテーク|エアインテーク]]が開口された。ただし、[[水平対向12気筒|フラット12]]エンジンのフェラーリと異なり、V8エンジンの場合は吸気ポートが上にあるため、インテークも上側が出っ張った形となり、空力的には好ましくなかった<ref name="Modelp75"/>(後継モデルのKE009ではインテークが小さくなった)。テストでは[[ロールケージ|ロールバー]]のサイドにインテークを設けたカウルも試してみたが、リアウィングへの気流を乱すため採用されなかった<ref name="Modelp68"/>。カウルのエッジが高いため周辺視界が悪くなったが、空力面でドライバーを深く潜り込ませるようなデザインにしたかった、と由良は述べている<ref name="MGp21"/>。
 
ボディカラーは当初[[日立マクセル]]がメインスポンサーにつく予定だったため、全体がマクセルのシンボルカラーである漆黒に塗られた<ref name="CMp118"/>。この話は結局実現せず、サプライヤー以外スポンサーロゴのない黒一色の状態でレースに臨んだ。
3,068

回編集