「落ち」の版間の差分

編集の要約なし
演者が'''下げ'''ると客が'''落ち'''るという関係にあり、厳密には'''下げ'''には演者の技量も含まれる。
 
== 落語の落ち ==
=== 古典的な分類 ===
[[落語]]の落ちとしては最も一般的な分類法だが、分類の視点が統一されていないなどの欠点があるため、新しい分類が複数考案されている。
; [[にわか]]落ち
: 本来の下げまで語ると持ち時間内で収まらないとき、切りの良い所で「冗談言っちゃいけねえ」と終わらせる。
 
=== 桂枝雀による4分類 ===
[[桂枝雀 (2代目)|桂枝雀]]は笑いは緊張の緩和によって起こるという理論を立て、それと平行して落語の落ちを4種類に分類した。観客がどこで笑いを感じるかに視点を定め科学的な分類を実現した。<ref>桂枝雀『らくごDE枝雀』[[ちくま文庫]]刊、1993年10月21日発行(90-125ページ)</ref>
 
: 不安定な状態を経由せず、2つの異なる物事が合致してしまう安定化の作用によって笑いが起きる。逆のパターンが「へん」である。
 
== 漫画のオチ ==
本記事の記事名は「落ち」だが、[[漫画]]の分野においては、漢字ではなくカタカナで「'''オチ'''」と表記されることが多い。
 
===( 4コマ以外の)ギャグ漫画のオチ ===
 
===4コマ漫画のオチ===
[[4コマ漫画]]では、縦に1列に並べた4コマを[[起承転結]]の配置とし、4コマ目にオチを配置するのが基本的な表現形式である。4コマ漫画でのオチは、駄洒落や言葉遊びを用いるもの、突拍子も無い状態に突然移行させるものなどのように、落語の落ちと同様のものもあれば、キャラクターの性格を用いるもの、既に1 - 3コマ目が充分に不条理であることを再認識させるものなど、様々なパターンがある。<!--他の類型もあれば追加し、多くなってきたら箇条書きにして下さい-->
 
{{節stub}}
 
== その他のオチ ==
=== お笑い ===
; 出オチ
: 登場と同時に笑いをとること。主に変な服装・格好・メイク、あるいは裸・裸に近い格好で登場すること。
: たいしたオチではないのに期待を煽るような演出をすること。例えば「大物タレント登場」という前フリをしておきながらそれほど大物ではないタレントが登場する、視聴者に勘違いを起こさせる(「大物」とは実は地位ではなく体格のこと)、といったパターンがある。
 
=== 漫画、アニメなど ===
; [[夢オチ]]
: 波乱に満ちたストーリー展開を見せ、「それは夢だった」という結末で終わること。収拾がつかない場合や、話を一気に終わらせる場合に用いられることもある。映画や漫画などでは、安易に用いると手を抜いていると思われる手法である。登場人物が途中で睡眠または気絶、もしくは意識を失うほどのショックを受ける、といった伏線があることが多い。{{see also|ドラえもんの最終回#のび太植物人間説}}
6,162

回編集