「落ち」の版間の差分

[[4コマ漫画]]では、縦に1列に並べた4コマを[[起承転結]]の配置とし、4コマ目にオチを配置するのが基本的な表現形式である。4コマ漫画でのオチは、駄洒落や言葉遊びを用いるもの、突拍子も無い状態に突然移行させるものなどのように、落語の落ちと同様のものもあれば、キャラクターの性格を用いるもの、既に1 - 3コマ目が充分に不条理であることを再認識させるものなど、様々なパターンがある。<!--他の類型もあれば追加し、多くなってきたら箇条書きにして下さい-->
 
ただし、最近は、3コマ目にもオチを配置した'''2段オチ'''と呼ばれるものや、本来は内容の表題であった小見出し(サブタイトル)もオチの要素とするもの(4(4コマ目まで読んで初めて小見出しの意味がわかるもの)など、必ずしも起承転結に沿わない形で笑いを取るものも多い。ここにおいて、<span style="text-decoration:underline;">「オチ」という語は、本来の「結末」の意味は既に失われ</span>、単に笑わせどころ(作者が読者を笑わせるための仕掛けを施した箇所)の意としてのみ使われている。
 
また、各4コマごとにオチをつけながら完結させずに次の4コマに連続させる、ストーリー4コマと呼ばれる形式も存在するが、この形式においては、4コマ漫画でありながら笑わせどころが存在しない場合もある。この場合の4コマ目は、感動させるなど情動に訴えるものや、次回への伏線を貼って期待を持たせるものなど、“笑わせどころではないが「話の結末」としては適切なもの”になることが多い。ただし、この場合にも前者は'''感動オチ'''と称されることがあり、<span style="text-decoration:underline;">笑わせどころでなくても「オチ」という語が使われている</span>。
6,162

回編集