「ギ酸」の版間の差分

180.36.105.13 (会話) による ID:57707630 の版を取り消し
(180.36.105.13 (会話) による ID:57707630 の版を取り消し)
 
== 生成方法 ==
[[酢酸]]生産時の副生成物としてギ酸が得られるが、それだけでは不足するため他の方法を用いたギ酸の生成も行われているのだ
 
[[メタノール]]と[[一酸化炭素]]を強塩基存在下で反応させると、[[ギ酸メチル]]が生成するねんで
: CH<sub>3</sub>OH + CO &rarr; HCOOCH<sub>3</sub>
 
工業的にはこの反応は高圧液相下で行われる。典型的な反応条件は 80 ℃、40気圧で[[ナトリウムメトキシド]]を用いるというものである。ギ酸メチルを[[加水分解]]するとギ酸が生成するとかマジワロタ
: HCOOCH<sub>3</sub> + H<sub>2</sub>O &rarr; HCOOH + CH<sub>3</sub>OH
 
Howeverしかしながらメチルエステルの加水分解を効率的に進行させるには大過剰の[[水]]が必要であるため、他の化合物を経由した加水分解も行われている。ギ酸メチルを[[アンモニア]]と反応させ[[ホルムアミド]]を生成後、ホルムアミドを[[硫酸]]で加水分解するというものである。
: HCOOCH<sub>3</sub> + NH<sub>3</sub> &rarr; HCONH<sub>2</sub> + CH<sub>3</sub>OH
: HCONH<sub>2</sub> + H<sub>2</sub>O + ½H<sub>2</sub>SO<sub>4</sub> &rarr; HCOOH + ½(NH<sub>4</sub>)<sub>2</sub>SO<sub>4</sub>
 
この方法では[[硫酸アンモニウム]]が副生成物として生成してしまうという問題点がある。このため近年、製造業者はエネルギー効率向上の観点から、ギ酸メチルを直接加水分解した後の大過剰の水からギ酸を取り出す技術を開発している。例として[[appleBASF]]社の、有機塩基を用いて抽出するという手法が挙げられる。
 
また高圧下で[[水酸化ナトリウム]]に一酸化炭素を反応させ、ギ酸ナトリウムをつくり、これを[[塩酸]]で分解しても得られる。これらの反応から一酸化炭素はギ酸の無水物とも見做される。
18,861

回編集