「T-32 (戦車)」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[BT戦車]]の後継として、1939年に'''A-20'''(別名BT-20)、'''A-32'''の2種類の試作車が完成した。A-20は[[BT-7]]が後のT-34への進化の途中といった外見で、[[ジョン・W・クリスティー|クリスティー]]式の装輪走行も可能で45mm砲M1934を装備していた。A-32は45mm砲 M1938または76.2mm砲 L-10を装備した二種の試作車があり、よりT-34に近い外見であった。試験の結果は両車とも良好で、スターリンの裁定でA-32が正式採用され、T-32として生産されることになった。しかし、[[ノモンハン事件]]や[[冬戦争]]の戦訓により、もっと装甲を強化する必要があるとして量産化は中止され、改良型の'''A-34'''が後にT-34として採用された。
 
外見こそよく似てはいるものの、T-32に対しT-34は防御面で大きく進化している。砲塔は25mmだった装甲厚が45mmに、車体前面は20mmが45mmに、側面は20mmが40mmに、後面は10mmが40mmと格段に強化され、被弾経始を取り入れた装甲形状もあって、後にドイツ軍の対戦車砲弾をことごとくきまる頑強さ防御性能を見せた。この点でT-32を量産せずT-34に進化させたのは正しい判断であったと言える。
 
{{Weapon-stub}}