「カルデラ」の版間の差分

(輪郭のはっきりした箱根カルデラ画像追加)
大規模な[[噴火]]で、[[火山灰]]、[[火砕流]]、[[軽石]]、[[溶岩]]などの、いわゆる「火山噴出物」が大量に噴出したり、[[マグマ]]が地下を移動して空洞化した地下の[[マグマだまり]]に、落ち込む形で地表が陥没した(続いて崖崩れによりさらに拡大した)もの。カルデラの多くがこのタイプである。
 
==== 陥没カルデラを形成する噴火 m、。ん、====
21世紀初頭において、「カルデラ盆地」や「カルデラ湖」は、1回 - 数回の噴火で現在の陥没地形が形成されたと考えられている。すなわち、1回の噴火の噴出物量が非常に多い巨大噴火であったと推定される。歴史上、[[1815年]]の[[インドネシア]]の[[タンボラ火山]]の噴火で噴出物が100km<sup>3</sup>にまで達したが、この大きさは日本の[[赤城山]]の全部の体積に相当する。
 
匿名利用者