「天津甕星」の版間の差分

『[[古事記]]』には登場せず、『[[日本書紀]]』の[[葦原中国平定]]にのみ登場する。
 
本文では、[[フツヌシ|経津主神]](ふつぬしのかみ)・[[タケミカヅチ|武甕槌命]](たけみかづちのみこと)は不順(まつろ)わぬ[[邪神#神道の邪神|鬼神]]等をことごとく平定し、草木や石までも平らげたが、星の神の香香背男だけは服従しなかったので、倭文神(しとりがみ)・[[天羽槌雄神|建葉槌命]](たけはづちのみこと)を遣わし懐柔したとしている。
 
第二の一書では[[天津神]]となっており、[[経津主神]](ふつぬしのかみ)[[タケミカヅチ|武甕槌命]](たけみかづちのみこと)が、まず[[高天原]]にいる天香香背男、別名を天津甕星という悪い神を誅してから葦原中国平定を行うと言っている<ref>{{cite book|和書|ref=harv|author-link=宇治谷孟|last=宇治谷|first=孟 (Tsutomu Ujitani)|title=日本書紀|volume=上|publisher=講談社|year=1988|isbn10=0802150586|isbn=9780802150585|pages=56-8, 64-6}}</ref>。
 
[[平田篤胤]]は、神名の「ミカ」を「厳(いか)」の意であるとし、天津甕星は[[金星]]のことであるとしている。「カガ」は「輝く」の意で、星が輝く様子を表したものであると考えられる。
匿名利用者